2-in-1 PC、SpinシリーズがIFA2016で発表されました

spin7
スポンサーリンク


ベルリンで開催されている、IFA2016で第7世代のCoreプロセッサーを搭載した、Spinシリーズが発表されました。

非常に薄い2-in-1ノートシリーズのようです。最薄モデルは厚さが何と10.98mmとのことです。

Spinシリーズも第7世代Coreプロセッサーである、KabyLakeを搭載しています。
KabyLakeについては、Swiftシリーズの記事で紹介していますので、そちらをご覧ください

モデル展開

Spinシリーズのモデル展開は以下の通りとのことです。

  • Spin 7
  • Spin 5
  • Spin 3
  • Spin 1

公式サイトに記載されている、各モデルのスペックをまとめてみます。

Spin 7

Spin 7
  • 第7世代Coreプロセッサーを搭載
  • 厚さは10.98mm
  • 筐体はメタル仕上げ
  • 13インチのシャシーに14インチFHDパネルを搭載
  • バッテリー駆動時間は8時間

pinシリーズにおいては、Spin 7だけが第7世代Coreプロセッサーを搭載しているようです。
この薄さで2-in-1を実現し、かつ最新のプロセッサーを搭載している尖ったモデルですね。

Spin 5

Spin 5
  • 第6世代Coreプロセッサーを搭載
  • 可動域が360°のヒンジを採用
  • バッテリー駆動時間は10時間
  • 無線LANは802.11acに対応

Spin 7と比べて違うところは搭載されているCPUの世代と、バッテリー駆動時間でしょうか。

KabyLakeはSkyLakeと比べると、消費電力が低くなっているようなイメージを受けましたが、Spin 7のバッテリー駆動時間は8時間であるのに対し、第6世代Coreプロセッサーを搭載したSpin 5のバッテリー駆動時間は10時間と、Spin 5の方がバッテリー持ちが良いみたいです。

ここから推測するに、Spin 7には第7世代Core i7プロセッサーが搭載されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Spin 3

Spin 3
  • 第6世代Coreプロセッサーを搭載
  • 15.6インチのFHD液晶を搭載
  • バッテリー駆動時間は9時間
  • 無線LANは802.11acに対応

Spin 5と比べると、搭載プロセッサーは同じようなラインナップの様なので、搭載されている液晶のサイズが違うのでしょうか。
Spin 3はSpin 5と比べ、バッテリー駆動時間が1時間短くなっていますので、Spin 5にはもしかしたら14インチFHDパネルが搭載されているのかも知れませんね。

Spin 1

Spin 1
  • Pentium/Celeronプロセッサーを搭載
  • 11.6インチのFHD液晶を搭載
  • Acer Active Penが付属
  • バッテリー駆動時間は9時間

Spin 1は搭載されているプロセッサーがPentium、Celeronプロセッサーなので、Spinシリーズの中ではエントリーモデルに該当するようです。
Spin 1にだけ、Acer Active Penの記載がありましたが、他のモデルには付属していないのでしょうか・・・

まとめ

Syobon
Spin 7は10.98mmの厚さと最新の第7世代Coreプロセッサーを搭載しつつ、2-in-1を実現していますので、Swift 7に引けを取らない、尖ったモデルだと感じました。

こちらも、日本国内で発売されたら注目を集めるモデルになりそうです。

Source: acer

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。