Appleのスペシャルイベント「hello again」が日本時間28日 2時より開催されます

hello again
スポンサーリンク

2016年10月27日10時(日本時間2016年10月28日 2時)より、Appleのスペシャルイベント「hello again」が開催されます。

恐らくmacOSデバイスの新製品発表会だろうと予測されており、国内外でも注目が集まっています。

今回のイベントではどのような製品が発表されるのでしょうか。当ブログでも何が発表されるか予想してみたいと思います。

Macbook Pro

Macbook Pro touch id

恐らくのところ一番の目玉はMacbook Proでしょうか。

Macworldをはじめとした、海外のブログでも話題が挙がっていますが、iPhone等に搭載されている指紋センサー「touch id」が次期Macbook Proにも搭載されるようになると予測されます。

touch idが搭載されることで、App StoreやiTunes Storeでの決済時に指紋を使って認証することができるようになれば、iPhoneと同じくスムーズに決済することができます。

また、ログイン時にもパスワードを入力せず、指紋認証でログインできるようになるとありがたいのですが。恐らくこちらについては心配しなくても実装されると思われます。

Magic toolbar

また、キーボード上部にOLEDタッチスクリーンバーである「Magic toolbar」が搭載されるのでは、とのこと。このMagic toolbarでは、ボリュームの上げ下げやスクリーンの明るさ調整など、Fnキーを利用して操作する物をタッチスクリーンで実現してしまおうといった代物のようです。

一見便利そうなのですが、タッチしたときに感覚フィードバックがあるのかだとか、FnキーとEscキーが無くなる等と言った声が上がっており、少し不安になっています。特にEscキー廃止が致命的で、vimを普段から利用している筆者にとってはかなり辛い物となりそうです・・・

Macbook Air

Macbook Air

以前からRetinaディスプレイ対応のMacbook Airが出るぞ出るぞと言われ続けてきましたが、今まで実現されてきていません。

もし、Retinaディスプレイに対応させるならこのタイミングだとは思いますが、既にRetinaディスプレイを搭載した、12インチMacbookが発売されていることもあり、ここでMacbook AirにRetinaディスプレイを搭載すると、Macbook Airと12インチMacbookとの棲み分けができなくなってしまいます。

そうなると、最悪の場合Macbook Air事態がディスコン扱いになることも十分に考えられます。ディスコンまでには至らなかったとしても、11インチモデルのみを発売し、廉価版macOS搭載ラップトップとして延命され、徐々にディスコンに向かっていく物だと個人的には考えています。非Retina Macbook Proと同じような扱いになるのではないでしょうか。

Mac mini

Mac mini

長らくの間、アップデートされていないMac miniですが、アップデートがあるとしたらこのタイミングでの発表になるかと思われます。Mac miniと言えば、現在発売されているmacOSデバイス搭載機としては最安のモデルとなりますが、以前よりディスコンになるとの噂が後を絶ちません。

リビング用マシンなら良いのでは、とも考えましたがリビング用途マシンとしては、Mac miniではなくApple TVで事が済みますし、価格もMac miniと比べれば安くで済みます。

個人的にはデスクトップ機については、iMacとMacProのツートップになり、ライトユーザー向けには廉価版となるMacbook Air 11インチを勧めていくような形に落ち着くのではないかなと思います。

スポンサーリンク

MacPro

MacPro

一般ユーザー目線で立ったときの目玉はMacbook Proですが、私個人の目玉はMacProです。2013年に銀の筐体から、まさかの黒い円筒型に切り替わってから3年。この3年の間にマイナーアップデートはあったものの、メジャーアップデートはされずにここまで来ました。

Thunderboltは2から3へとアップグレードされ、Xeon E5 v2からXeon E5 v4へ、メモリはDDR3からDDR4へと進化を遂げてきました。もし、今回のイベントでMacProが発表されるのであれば、Thunderbolt 3、Xeon E5 v4、DDR4のメモリを搭載した物をリリースしてくれると信じています。

今回のイベントでMacProが発表されたら、いの一番に発注を掛けたいので、是非とも今回のイベントで発表してもらいたい物です。

5K Thunderbolt Display

Thunderbolt Displayがディスコンとなってからしばらく経ちました。

当初は次期モデルについて特に触れられませんでしたが、5K iMacの登場、Thunderbolt 3の登場、そしてMacProのアップグレードを考えると、このタイミングで5K Thunderbolt Displayが登場するのではないかなぁと個人的には思っています。

Apple TV

Apple TV

4Kディスプレイや4K TV、Netflixを初めとした製品、サービスが普及してきたこともあり、このタイミングで4K対応のApple TVが発売されるのではないかなと考えています。

一般ユーザーのパソコン離れやMac搭載機の値段の高さから、考えるとこのタイミングで比較的安価な4K Apple TVを投入するのも良いのではないかなといったところでしょうか。

まとめ

Syobon
とりあえず自分が考えていることをざっと書いて見ましたが、MacProが楽しみすぎて待ちきれません。こんな状況でMacProが発表されなければしばらく凹んでいるかと思います。失意のまま気を失ってSurface Studioを買っているかも知れません。

Source: Macworld

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。