Snapdragon 625を搭載したタブレット、acer A6201がFCC通過

スポンサーリンク


Snapdragon 625を搭載した、acerのタブレットA6201がFCCを通過したようです。

スペック

acer A6201 
ディスプレイ8インチ IPS液晶パネル
解像度 1920 x 1080 px
2G850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
3G850 / 900 / 1900 / 2100 MHz HSDPA, Speed: 21 Mbps (HSDPA), 5.76 Mbps (HSUPA)
4G無し
SIMスロットデュアル
プロセッサークアッドコア 2.0 GHz Cortex A53
チップセットQualcomm MSM8953 Snapdragon 625 SoC
GPUAdreno 506 GPU
メモリ2GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD 32GBまで
OSAndroid Marshmallow 6.0
Bluetooth4.0
GPSA-GPS
Wi-Fi802.11 b/g/n
センサー加速度センサー、近接センサー
カラーバリエーションブラック、ホワイト

Snapdragon 625はプロセスルールが14nmのSoCで、Zenfone 3に搭載されていますね。
プロセスルールが14nmのため、省電力なSoCとなっています。

また、次世代グラフィックAPI「Vulkan」に対応しており、中々評判の良いSoCです。

3Gモデル

acerのタブレットでは珍しく、3Gモデルであることがスペック表から見て取れます。ただし、4Gには対応していませんのでそこは注意が必要ですね

GPSをサポートするも、電子コンパスはサポートせず

スペック表から見て分かる範囲では、電子コンパスは未サポートなようです。

高性能な加速度センサーであれば、安定すれば方角の補正も可能なようですがA6201のセンサーでは実現可能なのでしょうか。

電子コンパスが使えなくても、位置情報の取得は可能ですので、割り切ればカーナビ用タブレットとして十分使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

国内では発売されるのか

スペック的にはミドルレンジ寄りのタブレットですが、日本国内では発売されるのでしょうか。

日本国内においては、タブレットのラインナップは全体を通して乏しいので、ミドルレンジ帯のタブレットとして日本市場に乗り込んでこないかなと少し期待しています。

Syobon
久しぶりのacer タブレットの新情報でした。

スペックから推測するかぎり、予価は3万円前後でしょうか。今後が気になるところです。

Source: mobitabspecs.com | fccid.io

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。