Tinker Board 、ASUSが小型コンピューターを発売

Tinker Board
スポンサーリンク


Tinker Board 、ASUSが小型コンピューターを発売

インターネットの海をさまよっていると、とても興味深い製品を見つけました。

なんと、あのASUSがRaspberry Piのような小型コンピューター「Tinker Board」を発売したとのこと。

スペック

項目内容
SoCクアッドコア 1.8GHz ARM Cortex-A17
メモリ2GB デュアルチャネル LPDDR3
通信ギガビットLAN、802.11 b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.0 + EDR
USBポートUSB2.0 x 4
拡張ポート40ピン GPIO
PWM
S/PDIF
カメラ用CSIポート
オーディオポート3.5mm x 1
画面出力HD対応 DSIポート
4K対応 HDMI2.0 ポート x 1
ストレージmicroSD UHS-I
OSDebian
(XBMC KODI対応)
電源5V/ 2A Micro USB

まとめ

Syobon
まさかASUSが組み込み系にも参入してくるとは思いも寄りませんでした。
いや、もしかしたら海外では既に組み込み系に参入していたのかも・・・?

ASUSによると、Raspberry Pi 3 ModelBより2倍速いとのこと。消費電力は、Tinker Boardの方が多いですが、スペック2倍と考えれば、良いのかなといったところでしょうか。

消費電力量要求のハードルが低くかつ、Raspberry Pi 3 ModelBでは若干スペック不足、でもパソコンを導入するにはちょっと・・・ といったケースには最適かも知れませんね。

値段はRaspberry Pi 3 ModelBの約2倍。それでもパソコンと比べると導入コストはダントツに安く抑えることができます。

Maker文化やIoTがどんどん発展してきているためか、メーカー側も様々な製品を出してきていますね。

日本への参入が気になるところです。近々秋葉原とかでは実物を見る機会があるかもしれませんね。

Source: HOT HARDWARE | cpc

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。