Brotli をnginxで試す

FreeNAS
スポンサーリンク

Brotli をnginxで試す

2015年にGoogleがオープンソースとして発表した、WEBの圧縮アルゴリズム「Brotli」。

同じくGoogleが発表したZopfliと比べ、圧縮率が20〜26%ほど向上しており、WEBアクセスしてくるユーザーへメリットがあるかなと思い、導入してみました。

補足説明をいれる
#spdy対応パッチを適用している関係上、nginx 1.9.7から移せないでいたのですが、セキュリティ観点上あまりよろしくないので、Brotliを導入するついでにアップグレードを行いました。

導入方法

既に以前当ブログで紹介した手順で、WEBサーバーを構築していることを前提に、導入方法を説明します。

注意事項
Brotliの導入は、spdyやhttp2を導入するときと同様で、HTTPS対応が必須となります。

事前準備

nginxのバージョンを1.11系列へアップグレードするため、前回記事で紹介したspdy対応化パッチが利用できなくなります。

ですので、sites-available内の設定ファイルを編集し、spdyの記載を外します。

/etc/nginx/sites-available/hoge.conf

修正前

server {
    client_max_body_size 20m;
    etag off;
    add_header X-Frame-Options SAMEORIGIN;
    add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
    add_header X-Content-Type-Options nosniff;
    listen       443 ssl spdy http2;
    ssl         on;

修正後

server {
    client_max_body_size 20m;
    etag off;
    add_header X-Frame-Options SAMEORIGIN;
    add_header X-XSS-Protection "1; mode=block";
    add_header X-Content-Type-Options nosniff;
    listen       443 ssl http2;
    ssl         on;

listen項目から、spdyの記載を削除します。

/etc/nginx/nginx.confの修正

次に、Brotliを有効化するために/etc/nginx.confを修正します。

修正前

    include             /etc/nginx/mime.types;
    default_type        application/octet-stream;

    # Load modular configuration files from the /etc/nginx/conf.d directory.

修正後

    include             /etc/nginx/mime.types;
    default_type        application/octet-stream;
    brotli              on;

    # Load modular configuration files from the /etc/nginx/conf.d directory.

brotli on;を追加します。

スポンサーリンク

Brotliの導入

まず、GithubからBrotliをcloneしてきます。

cd /usr/local/src
git clone https://github.com/google/ngx_brotli.git

次にnginxとOpenSSLの最新版のソースコードをダウンロードし、展開します。

wget https://nginx.org/download/nginx-1.11.9.tar.gz
tar zxf nginx-1.11.9.tar.gz
wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.0.2-latest.tar.gz
tar zxf openssl-1.0.2-latest.tar.gz

下記のコマンドを実行して、nginxをビルドします。

cp -p /usr/local/nginx/sbin/nginx /usr/local/nginx/sbin/nginx.bak
cd /usr/local/src/nginx-1.11.9.tar.gz
cd /usr/local/src/ngx_brotli && git submodule update --init && cd /usr/local/src/nginx-1.11.9
./configure --with-http_ssl_module --with-openssl=/usr/local/src/openssl-1.0.2k --add-module=/usr/local/src/ngx_brotli --with-http_v2_module
make
make install

最後に、設定ファイルが正しく記載されているか確認します。

nginx -t

上記のようなメッセージが末尾に表示されれば成功です。

nginx: the configuration file /usr/local/nginx/conf/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /usr/local/nginx/conf/nginx.conf test is successful

最後にnginxを再起動します。

systemctl restart nginx

確認

外部から、下記のコマンドを実行します。

curl -H "Accept-Encoding:br" -I https://hoge.com

Content-Encoding: brといった表記が表示されれば成功です。

まとめ

Syobon
なるべくページ表示スピードは速くしたいもの。
これからもどんどんとパフォーマンスチューニングを実施していきたいところですね。

Source: Google | Github

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。