H110M-STX にmacOSインストールをサポートするベータBIOSがひっそり公開に

H110M-STX
スポンサーリンク


H110M-STX にmacOSインストールをサポートするベータBIOSがひっそり公開に

何とも不思議な事が起こりました。マザーボードメーカーのASRockが、H110M-STXのベータBIOSを公開したのですが、そのアップデート内容がかなり変わっていたのです。

Support MAC OS X installation

今回公開されたBIOSは1.41。その更新内容は以下の通りで、

  • 1.Support MAC OS X installation
  • 2.COM Port set to disable.

Support MAC OS X installationの記載があります。

前回、Hacbook Eliteを紹介したときにも書きましたが、PC/AT互換機でmacOSを動作させた物をHackintoshと呼びます。

macOSがPowerPCからIntelへ移ったときあたりから、PC/AT互換機にmacOSをインストールさせるという動きは、海外でありました。

また、企業がPC/AT互換機にmacOSをインストールできるようになるMODを販売したこともある、といった話がありました。

MODを販売していた企業は、有名な企業では無く、いかにも怪しい企業でしたが、今回は別です。

マザーボードメーカーとして有名なASRockが打ちだしてきたのです。

まとめ

Syobon
macOSのPC/AT互換機へのインストールがOKになれば、ユーザー側の選択肢が広がるので個人的には歓迎なんですけど、これは何かの布石なんでしょうか。 気になるところですね。

誤植なのではとも思ったくらいなので、今回のこの動きにはちょっとびっくりですね。

BIOSではなくUEFIのような気もしますけど、ここの記述変えないんですかね

Source: ASRock

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。