EXILIM EX-ZR70 、自撮り女子向けなコンパクトデジタルカメラ、撮った写真はすぐにスマホへ自動送信

EX-ZR70
スポンサーリンク


EXILIM EX-ZR70 、自撮りに特化したコンパクトデジタルカメラ、撮った写真はすぐにスマホへ自動送信

CASIOから自撮りに特化したコンパクトデジタルカメラ、EX-ZR70が今人気を博しています。

なぜ人気を博しているのでしょう。その秘密は、自撮りに特化した機能にあります。

チルト液晶で見ながら撮影ができる

EX-ZR70
EX-ZR70の大きな特徴として、チルト液晶を搭載していることが挙げられます。液晶を動かすことで、上記写真のように簡単に自撮りができます。

自撮り向けのスマートフォンは既に様々なメーカーから発売されていますが、自撮りに特化したコンパクトデジタルカメラは中々ありません。

コンパクトデジタルカメラの方がセンサーサイズが大きいので、スマートフォンよりきれいに撮れるのが魅力的。

フロントシャッターで縦撮りも楽に

EX-ZR70
EX-ZR70にはフロントにもシャッターボタンが搭載されています。このフロントシャッターを使うことで、縦撮りも簡単に撮影することができます。

スマートフォンと比べて、がっちりホールドしながら撮影できるので、手ぶれも発生しにくく落としそうになることもありません。

普通の場面の自撮りにももちろん使えるのですが、コスプレしているときの速報写真や、あわせ写真にも向いていますね。

横向きだと全身を入れての自撮りは難しいですが、縦撮りであれば全身入った写真を撮れるので、衣装や小物もきっちりフレーム内に収めることができます。

スポンサーリンク

メイクアップモードで、レタッチをカメラだけで実現

EX-ZR70
EX-ZR70に搭載されている、メイクアップモードを使えば肌の明るさ、肌のなめらかさに補正をかけた状態で撮影できるので、わざわざSnowなどを使わなくても、肌のレタッチができちゃいます。

SNSにアップする時の手間がはぶけるので、撮った写真をぱぱっとアップできます。

スマホへ写真を自動送信、スマホ側の操作が不要に

EX-ZR70
EX-ZR70にはチルト液晶以外にもうひとつ目玉機能があります。それが、EXILIM Connectアプリを使った自動送信機能、エクシリム オートトランスファー機能です。

これはEX-ZR70とスマートフォンをBluetoothで常時接続することで、EX-ZR70で撮影した写真を自動でスマホに送信するすぐれものです。

Bluetoothで常時接続すると、バッテリーの消費が激しいんじゃないの、と不安になりますが、Apple Watchと同じBLE(Bluetooth low energy)に対応していますので、省電力でスマホと接続することが出来るので、バッテリー消費については安心できます。

QRコードで簡単に写真をシェア

EX-ZR70
撮った写真を友だちとシェアする際には、QRコードを使ってシェアすることができます。

EX-ZR70
QRコードを出力したサンプルはこんな感じ。

この機能を使えば、わざわざスマホに転送した写真をLINEやTwitterで友だちに送らなくても、QRコードを渡すだけで友だちにシェアすることができます。

こうすることで、イベントなどで撮影した写真を渡す際に、わざわざ連絡先を聞いたり、LINEの友だち登録をしなくても、Twitterで共有したり、その場でQRコードを読み込んでもらうだけで写真をシェアをお手軽にシェアできます。

まとめ

Syobon
自撮りがしづらいiPhoneや、Androidスマートフォン、自撮りに対応したスマートフォンの弱点を見事につぶしてきた良いコンパクトデジタルカメラですね。

メインターゲット層は、普段自撮りをしている人ですが、QRコードでのシェア機能の事を考えると、なんとなく、個人的ではありますが、コスプレイヤーの方もターゲットにしているような気もします。

F値はF3.5〜F6.5とスマホや、最近流行の高級デジタルスチルカメラと比べると、少し暗めですが自撮りに特化した機能を見ていると、十分許容範囲ではないでしょうか。

レンズも広角25mmなので、複数人での撮影も楽々ですし、旅行用として、イベント用としても最適なデジカメだと思います。

常時接続機能には驚きましたね。BLE普及のおかげでこんな便利なカメラも実現できちゃうんですね。デジタル一眼レフカメラにも常時接続機能欲しいなぁ。

Source: CASIO

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。