Atom C3000 、省電力Atomがついにリリース。Atom C2000の後継モデル

Atom C3000
スポンサーリンク

Atom C3000 、省電力Atomがついにリリース。Atom C2000の後継モデル

Atom C2000の後継モデルである、Atom C3000がついにリリースされました。

Atom C3000
Source:Intel

Atom C2000が発表されたときにIntelが出したロードマップに載っていた、DenvertonがAtom C3000に当たります。

ロードマップでは2014年以降と記載がありますが、Atom C2000が発表されてから4年後の今年、ついにリリースされることとなりました。

今のところはAtom C3338のみ

今のところ、DenvertonにあたるCPUは、Atom C3338しか情報が公開されていません。

スペック

スペックは以下の通りです。

項目内容
セグメントサーバー向け
コードネームDenverton
プロセスルール14nm
コア数2コア
スレッド数2スレッド
クロック数ベース:1.50GHz
ターボブースト時:2.20GHz
キャッシュ4MB
TDP9W
メモリ最大64GB
対応メモリDDR4 1866MHz
DDR3L 1600MHz
ECCメモリサポートサポート
最大メモリチャネル数1
PCI-Eリビジョン3
SATAポート最大10ポート
SATA3ポート最大10ポート
Hyper Threading非対応
VT-x対応
VT-d対応
EPT対応
TDP9W
希望カスタマー価格27.0ドル

Atom C2000と比べて大きな違いを挙げるとすると、DDR4に対応したこと、廉価なのに最大メモリサイズが64GBであること、同程度スペックである、Atom C2308と比べて希望カスタマー価格が異様に安いところあたりでしょうか。

Atom C2000のエラッタが足を引っ張る

サーバー向けAtomといえば、つい先日Atom C2000のエラッタが判明したわけですが、その直後のリリースのため少々イメージが悪いです・・・

まだ現物を見たことないので、何とも言えませんがサーバー向けAtomの汚名返上は叶うのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

Syobon
希望カスタマー価格が記載ミスでは無いかと思うくらい安いところが気になります。

この値段で提供できるのであれば、マイクロサーバーやNASの低価格化も期待できそうな気もします。

Source: Intel

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。