iDアプリ にdカードを追加すると、認証エラー(K2239)が発生して登録できない!その対処方法

iDアプリ
スポンサーリンク


iDアプリ にdカードを追加すると、認証エラー(K2239)が発生して登録できない!その対処方法

先日、メイン端末をiPhone 6からXperia X Compactへ機種変更しました。

久しぶりのおサイフケータイ対応のスマートフォンだ!、と喜び勇んでiDアプリにdカードを登録しようとしたところ、認証エラーが発生して登録できませんでした。

今はそのエラーも解消して無事に登録できたので、この認証エラーの対処方法をご紹介します。

以前に別のスマートフォンでdカードを紐付けしていた

このエラーの原因は、以前に別のスマートフォンでdカードをiDアプリに紐付けたまま、機種変更してしまったがために発生した物でした。

本来であれば機種変更前に、カード情報の紐付けを解除する必要があるのですが、前回きちんと手続きを踏まなかったわけですね。

正直FeliCaチップをリセットすればそれでオッケーと思っていたのですが、それだけじゃだめだったみたいですね・・・

dカードセンターに電話

既に手元に機種変更前のスマートフォンがなければ、dカードセンターに問い合わせする必要があります。

今回は既に機種変更前のスマートフォンを売り払っていたため、dカードセンターに問い合わせました。

手順としては、dカードセンター(0120-300-360)へ電話し、機種変更をする際にiDアプリと、dカードの連携を解除するのを忘れてしまった、機種変更前のスマートフォンはもう手元に無い旨を伝えます。

本人確認完了後、iDアプリとdカードの紐付け解除手続きを受け付けてくれます。

注意すべき点としては、この紐付け解除手続きは即時反映ではなく、しばらくかかります。

僕のケースでは、02/24に解除手続きを依頼し、02/26に手続きが完了した旨の連絡がメールで入りました。

スポンサーリンク

あとは登録するだけ

この完了メールがこればあとは、iDアプリからdカードを登録してあげれば、無事に登録完了することができます。

まとめ

iDは後払い方式、クレジットカードと同じ物なので、もう少し気にかけるべきでした。

僕のようなずぼらな人間からすれば、この仕組みは億劫にも思えますが、裏を返せばきちんとクレジットカード情報を管理、運用できていると受け止めることができます。

皆さんも機種変更をする際は気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。