ZenFone 3 Laser 、必要な機能が詰まった2万円台のコスパの良いスマートフォン

ZenFone 3 Laser
スポンサーリンク

ZenFone 3 Laser 、必要な機能が詰まった2万円台のコスパの良いスマートフォン

黒ぽんさん(@kuroponkuropon.mobi)からZenfone 3 Laserをお借りすることができたので、レビューしてみました。

ミドルレンジに位置するモデルで、ロングセラーとなったZenFone 2 Laserの後継機に当たる、ZenFone 3 Laser。

ZenFone 2 Laserと同じく、ロングセラーとなりえるスマートフォンなのでしょうか。実際に見て行ってみましょう。

シンプルにまとまったデザイン

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laserは、ZenFone 3と同じく、シンプルにまとまったデザインで、好感の持てるスマートフォンです。

ZenFone 3と比べると、高級感はさほど感じられませんが、2万円台のスマートフォンとして見てみると、安っぽさなどは一切感じられません。

重さはZenFone 3より6gほど重たくなっています。

程よい軽さで、軽すぎるとか重すぎるといったこともありません。

カラーバリエーションはホワイトとシャンパンゴールド。クールさではなく、ゴージャスさを前面に押し出している感じでしょうか。

指紋認証センサーもばっちり搭載

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3と同じく、ZenFone 3 Laserにもばっちり指紋認証センサーが搭載されています。

認証制度や速度は十分実用に耐えられるレベルなので問題は無いのですが、ZenFone 3と比べると、どうしても認証速度が遅いように感じます。

あくまで少し気になる程度、なので認証速度が遅くてイライラするといったことはありません。

スポンサーリンク

カメラの性能をチェック

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laserで撮影

Zenfone 3

ZenFone 3で撮影

どちらも特に設定を弄らず、ぱっと撮って見比べてみました。

ZenFone 3の方は、黒色もきちんと描画できていますが、ZenFone 3 Laserは若干ノイズが載っていますね。

左がZenfone 3 Laser、右がZenFone 3

拡大してみてみると、ZenFone 3で撮影した写真では、HHKB Professionalのロゴをある程度認識する事ができますが、ZenFone 3 LaserではProfessionalの文字が完全に潰れてしまっています。

こればかりは仕方ないのですが、そこにさえ目を瞑ってしまえば、程よいカメラだと思います。

インク瓶底に毛のようなものが映り込んでいますが、ペンで付いてしまった汚れです・・・

microUSB端子はありがたい

ZenFone 3やP9、Nexus 5Xなど最近のスマートフォンのUSB端子は、どんどんUSB Type-Cへ切り替わっていっています。

多くの人はまだ、USB Type-C接続の端末を持っていないので、USB Type-C端末ですと今まで使っていたケーブルから、新しいケーブルに買い換えたり、変換アダプタを追加で購入する必要があります。

そういった事が面倒臭いといった声を時折耳にしますが、ZenFone 3 LaserはUSB Type-C端子ではなく、従来のスマートフォンと同じmicro USB端子を採用しています。

僕のようなガジェクラ(アーリーアダプター)は気付きにくいのですが、一般消費者からするとここの違いって結構大きいんですよね。

Google Driveのプロモーション付き

ZenFone 3 Laser Google Driveプロモーション

ZenFone 3 LaserにはGoogle Drive 100GB分を2年間使えるプロモーションが付属しています。

内蔵ストレージは32GBと必要十分な量はあるのですが、更にGoogle Drive 100GB分のクラウドストレージ容量が付いてくるのはお得ですね。

au VoLTEに対応

なんとZenFone 3 Laserはau VoLTEに対応していますので、mineoのAプランを契約すれば通話もできちゃいます。

もちろんau系だけではなく、ドコモ系のSIMも使えるマルチキャリア端末なので、選択肢の幅が広がります。

mineoではZenFone 3 Laserのセット販売もしていますので、今のプラン料金が高いと悩んでいる方はこのタイミングで、mineoに移ってしまうのも一つの手かもしれませんね。

mineo
スポンサーリンク

まとめ

Syobon
ミドルレンジスマートフォンなので、ゲームをガリガリプレイするには少し厳しいところがありますが、普段使用であればストレスフリーに使えることができます。

安いながらも抑えるところは抑えている優秀な機種だと感じました。これならZenFone 2 Laserと同じくロングセラー製品となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。