Parallels Desktop Lite 、Parallels Desktopの無償版がAppストアでリリース

Parallels Desktop Lite
スポンサーリンク

Parallels Desktop Lite 、Parallels Desktopの無償版がAppストアでリリース

Mac用の仮想デスクトップ環境として有名な、Parallels Desktopの無償版(機能制限版)、Parallels Desktop LiteをAppストアにてリリースしました。

MacOSX 10.11.5以降のMacOSX、macOSに対応しており、Appストアから無料で入手できるようになっています。

Parallels Desktop Liteは、Parallels Desktopと同じく、MacOSX、macOSとシームレスに使えるように設計、デザインされており使い勝手がかなり良い仮想デスクトップ環境です。

僕もParallels 10の頃から愛用していました。当時は有償版しかなかったため、act2経由で購入してParallels Desktop 12になるまで使っていました。

機能制限の内容

Parallels Desktop Liteの機能制限は少し変わっていて、Linuxゲストしか作成、実行できないようです。

Windowsを動作させるには、有償ライセンスを別途購入する必要があります。

まとめ

Syobon
正直なところ、Linuxゲストしか構築できないのであれば、前回紹介したWindowsゲストも作成、実行できるVeertu desktopを使った方が良い気もします。

ただLinuxのGUI環境を使うのであれば、Parallels Desktop Liteを選んだ方が賢いかも知れませんね。

Source: Appストア

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。