AP12T 、spigenのカーマウントホルダーを試してみた

AP12T
スポンサーリンク

AP12T 、spigenのカーマウントホルダーを試してみた

車にスマートフォンを固定させて、カーナビの補助をしたいと考えていたところ、ケースなどで有名なspigenが発売していたので、試しに購入してチェックしてみました。

スマホの取り付けは至って簡単

AP12T
AP12Tはカーマウントホルダーとしてよくある、アームでスマートフォンを固定するタイプです。

アームの下にある、開放用レバーを押すことで、アームが最大限まで開きます。

その状態で、スマートフォンを押し当てると、ホルダーの真ん中にあるボタンが押されて、アームが収縮する仕組み。

片手でカンタンに装着できるのは好感触ですね。

取り付けた感じは、非常にしっかりとホールドしてくれます。

大阪から沼津までの行き帰りの際に使ってみたのですが、運転時にスマートフォンが落ちることはありませんでした。

取り外すときは、開放用レバーを片手で握って取り外すことが出来ます。

取り付け時はきちんと説明書を読もう

AP12T

沼津へ出発する前に取り付けたのですが、早く使いたい気持ちから、説明書を読まずに取り付けたのですが、何回やってもうまく装着できない事態に陥りました。

取り付けるところが汚れてるからか、なんて色々と考えていたのですが、上記写真の赤枠の取り付けレバーを下ろしていないことが原因でした。

ガジェット類全般に言えることですが、どれだけガジェットが好きでも取扱説明書はきちんと読まないとだめですね・・・

スポンサーリンク

まとめ

Syobon
3回目のカーマウントホルダー購入でしたが、やっときちんと使える製品に出会うことができました。

今まで試したカーマウントホルダーは、AP12Tほど安定感がなく走っている途中に、カーホルダーごとスマートフォンが転がり落ちることがあって、非常に困っていました。

助手席側につけているので、そこまで大きな影響はありませんでしたが、毎回取り付け直すのは非常にめんどうでした。

AP12Tも使用する前は、今まで購入してきた物と同じく、吸盤で固定するタイプだったので、そこまで期待していなかったのですが、良い意味で裏切られた結果となりました。

さすがはspigenといったところでしょうか。ケースをはじめ、やはりspigenの製品は安定感があって良いですね。

余談ではありますが、これで夢だった車載動画撮影が作れそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。