従来のワークステーションより90%小さい、HP Z2 Mini Workstation

HP Z2 mini ガジェット

現地時間2016年11月15日、HPが従来のビジネスワークステーションと比べ、90%小さいXeonを搭載したワークステーション、「HP Z2 Mini Workstation」を発表しました。

スポンサーリンク

小さいけれど、モンスター級

HP Z2 mini
サイズはNUC並ながら、Xeon CPUを搭載し、NVIDIAのQuadro M620、ストレージにはHP Z Turbo Driveと呼ばれる高速フラッシュストレージを搭載し、ワークステーションとしての貫禄を醸し出しています。

冷却に配慮した設計

HP Z2 mini

当然これだけのスペックを実現すると、発熱量も高くなりますが、精密にエアフローの設計を行いかつ、静音性を両立しているとのことです。

HP Z2 mini

CADユーザーが使用することを想定しているようですが、多数の画面出力が可能でかつ省スペース設計なので、トレーダーにも向いているかと思います。HPのサイトにもそのようなイメージ画像がアップされていました。

まとめ

[voice icon=”https://syobon.jp/wp-content/uploads/2017/04/syobon.png” name=”Syobon” type=”l fb”] Xeonを搭載しながらこのサイズで出してくるとはびっくりですね・・・ 搭載されるXeonはDシリーズか、E3シリーズでしょうか・・・?

また、価格も699ドルからとワークステーションとしてはお手軽価格です。

HPのZ840を個人的に利用していますが、HPのワークステーションは、エアフローの設計がしっかりしているので信頼できますね。

思わず買ってしまいそうです・・・
[/voice]

Source: HP

コメント