KS-PRO 、ARM で動くWindowsを搭載したUMPCがIndiegogoでプロジェクトスタートへ

KS-PROガジェット
スポンサーリンク


KS-PRO 、ARM で動くWindowsを搭載したUMPCがIndiegogoでプロジェクトスタートへ

Windows 10が搭載されたUMPC、GPD Pocketの資金調達が順調に進んでいる中、新たにKS-PROと呼ばれるUMPCが登場しました。

GPD Pocketとはまたひと味違うUMPCに仕上がりそうで、こちらもかなり期待できる製品です。

ARMで動作するWindows 10を搭載へ

GPD PocketはAtomで動作していますが、このKS-PROはQualcommのSnapdragon 835で動作します。

これは昨年に発表された、ARM上で動くフルWindows 10が動作することを意味します。

ARMプロセッサでありながら、x86_64互換があるため、Photoshopなども普通に動くようです。

スペック

項目内容
CPUQualcomm Snapdragon 835
メモリ8GB
グラフィックAdreno 540
ストレージ128GB
ディスプレイ8インチタッチスクリーン
解像度:WQHD(2560x1440)
ゴリラガラス3
バッテリー10307 mAh
12時間稼働
充電方式Quick Charge 4.0
USB Type-C
インターフェースUSB Type-C:2
USB 3.1 Gen 1:1
3.5mmオーディオジャック:1
カメラ12メガピクセル
AF対応
F値1.7
通信3G/4G LTE(Nano SIM)
Wi-Fi 802.11ac
Bluetooth 4.0
GPS(AGPS)
セキュリティ指紋認証センサー
OSWindows 10

メモリは8GB、ストレージは128GB搭載とモバイルノートPCとしては必要十分なスペックです。

さらに注目すべきは、3G/4G LTEに対応しているところでしょうか。

GPD PocketにSIMスロットが搭載されませんでしたが、KS-PROでは搭載されているという点は大きなアドバンテージになりそうです。

日本向けモデル有り

KS-PRO

GPD Pocketが日本で大きな話題を集めた結果からなのかは分かりませんが、KS-PROには日本語版が存在するようです。

日本語キーボードと、バッテリ容量を2倍に出来る専用ケースが付いてくるようです。

価格は600ドルとGPD Pocketと比べると200ドルほど高くなっています。

まとめ

UMPCの名器と言えばVAIO Type Pが挙げられます。

残念ながら、GPD PocketもKS-PROもVAIO Type Pの後継になることは叶いませんが、再度UMPC熱が再燃してきたのは、ユーザーにとってうれしいニュースですね。

現在中国では、小型端末やタブレット機にAtomを採用してきましたが、SnapDragon 835の出来と価格によっては、AtomからSnapDragon 835へ切り替わっていくかもしれませんね。

Source: Indiegogo

コメント