Ryzen Threadripper 、ご祝儀価格から値下げへ

Ryzen Threadripper
スポンサーリンク


Ryzen Threadripper 、ご祝儀価格から値下げへ

RyzenシリーズのハイエンドCPU、Ryzen Threadripperが2017年8月10日の夜に日本でも発売開始されました。

当初、16コア32スレッド対応のRyzen Threadripper 1950Xが999ドル、12コア24スレッド対応のRyzen Threadripper 1920Xが799ドルで発売される予定でした、

ですが、日本での販売価格を見てみると、1950Xが157,464円、1920Xが125,064円とえげつないほどのご祝儀価格で販売されていました。

これではCore i9との優位性が少し損なわれてしまうので、発売当初は大変失望していました。

ツクモが値下げへ

そんな中、今日自作PCパーツ販売店の、ツクモ池袋店公式Twitterにて、Ryzen Threadripper 1950X、1920Xの値下げが行われたと発表がありました。

ツイートの価格は税抜き価格ですので、税込みですとRyzen Threadripper 1950Xが138,240円、Ryzen Threadripper 1920Xが111,024円となりますが、販売当初のご祝儀価格と比べるとかなり安くなりました。

他店もツクモに続いて値下げへ

この値下げを受けて、どうやらツクモ以外のソフマップ、パソコン工房、PCワンズ、PC SHOP Arkでも同じ価格へ値下げが行われました。

今現在、ツクモがない大阪のユーザーからすると、ソフマップやパソコン工房、PCワンズでも同じ価格で購入できるのは非常にありがたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

Syobon
あの発売当初のご祝儀価格は一体何だったんでしょうか・・・?今までご祝儀価格の高さから購入を戸惑っていた方はこの機会に購入されてはいかがでしょうか。

僕としてもRyzen 1700から移行するか少し悩んでいます・・・ マザーとCPUを交換するだけで購入できてしまいますし・・・ めちゃくちゃ悩みます(´・ω・`)

Source: Twitter – @TIkebukuro | ITMedia

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。