悪いオタク が振り返る、2017年に購入したガジェット総まとめ

悪いオタクが振り返る、2017年に購入したガジェット総まとめポエム
スポンサーリンク


悪いオタク が振り返る、2017年に購入したガジェット総まとめ

クリスマスも佳境に突入し、今年も残すところあと僅かとなりました。

大掃除も兼ねてしょぼんブログでも、今年購入したガジェットを総まとめしてみたいと思います。

2017年に購入したガジェットとその総評

今年の始めに2016年はガジェットを買いまくってQoLが向上した。2017年は慎ましやかにいきたい、と所信表明しましたが、悪いオタクだったので今年も色々と買いまくってしまいました・・・

来年こそは慎ましやかに生活します・・・

Anker PowerCore 13000

小型ながらも大容量のモバイルバッテリーです。購入した当初は世界で一番軽い13,000mAhなんて触れ込みが出ていたような気がします。

こいつは本当に優秀で、旅行や出張の度に大活躍してくれています。モバイルバッテリーは単体で持つとそこまで重さは気にならないのですが、いざ鞄の中に入れてみると「こんな重たかったっけ?」って驚くんですよね。

なので、モバイルバッテリーについては軽さこそ正義であることを痛感した中での年内初ガジェット購入でした。重さや充電性能についてはなんの不満も無いのですが、使用感が増すとガワがテカり始めるのでそこだけがちょっと残念ポイント。

iRobot ルンバ 622

玄関エリアの掃除が面倒臭いなぁと思って買ったルンバ622。購入当初はどうせそこまできれいに掃除できないでしょ、なんて思っていましたが、ルンバめちゃくちゃ優秀ですね。

いつも帰宅すると轟音を立てながら一生懸命掃除してくれています。時々玄関の真ん中で力尽きているところを見かけたりもしますが、それも何だか愛嬌があって良いです。

そんな小さな働き者、ルンバ君なんですが狭いところにもどんどんと潜り込んでいくので、上面が擦れて傷だらけになります。結構驚くくらい。

多分棚に潜り込む分に関しては問題無いけど、潜り込んだ先で頭を擦っているのかなぁとぼんやり思っています。

Ryzen 7で組んだ自作PC

Ryzen 7 1700

MacProに飽きて、メインマシンとして組んだRyzen 7 PC。Athlon X2 5400+以来のAMD CPUということで結構ワクワクしながら組み上げました。

組み上げた当初はメモリ32GB構成だったのですが、すぐに基本的人権を満たせなくなったので、追いメモリして今は64GB構成で動いています。

MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8Gを積んでいるので、快適にNier:Automataを楽しめています。また、ゲーム以外の用途として、暗号通貨のマイニングもそれなりにこなせるので重宝しています。

2018年は、MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8Gを追いGPUしてSLI構成でも組んでみたいですね。

Endurance カメラバッグ

いやいやガジェットじゃないじゃん、って突っ込まれそうですが、ガジェットを入れる鞄と言うことで許してください。

カメラ系ブログで結構話題になっていたバックパックで、2気質構造を採用しており、下部にカメラ、上部に着替やレフ板などの小物を、背面にタブレットやノートPC、両サイドにペットボトルや折りたたみ傘を、下部に三脚をセットできる中々マルチにこなせるバックパックです。

こういったバックパックは他社からも発売されていますが、肩紐や背当て部分のクッションが薄く背負っているだけでかなり疲れる物が多かったのですが、Enduranceはその点しっかりとしているので疲れません。

極度の肩こり、若干の椎間板ヘルニア持ちの僕でも苦なく背負えるので本当にありがたい。旅行時のQoLが爆上げしました。値段分の価値は十分にあるのでオススメですよ!

着替も一纏めにいれるのはちょっと・・・って方は100均で売ってる圧縮袋に入れるのも手かと思われます。実際僕はそうやって運用していますし。

Thinkpad T470s

メインマシンをWindowsに切り替えたので、モバイルノートもMacbookからWindowsマシンに乗り換えた方が楽なんじゃ無い?と思い、ヨドバシカメラでサクッと発注したThinkpad T470s。

Thinkpad X60を利用していた頃のTシリーズのイメージは据え置き型のワークステーションタイプだ、というのが強かったのですが、その立ち位置も今ではWシリーズに乗っ取られたせいか、Thinkpad Xシリーズの少し大きいバージョン、という少し変わった立ち位置のTシリーズ。

モバイルノートは小さくあれ、という方には邪道なモデルかも知れませんが、14インチ版Thinkpad Xシリーズとも見られるThinkpad T470sは僕にとっては、なかなかの優れものです。

メモリのBTO構成に難があったりしますが、ストレージは256GB以上のモデルであれば、OPAL対応でNVMeな爆速SSDが付いてくるので本当にオススメ。

iPad Pro 10.5

ベストバイガジェットアドベントカレンダーでも紹介したiPad Pro 10.5。

もうディスプレイが綺麗すぎて、1月頃からiPad買い増しを悩みに悩んでようやく諦められたのに、発売した途端に今までの悩みなんてどこ吹く風、気が付いたら心斎橋に居て、気が付いたら家でiPad Pro 10.5を触っていました。

今回のiPad Pro 10.5はiPad miniがリリースされたときと同じくらいの大ヒットモデルかも知れません。これに関しては悩んでるならもう今すぐ買っちゃえって思えるくらいに。

タブレットに関しては2017年もAppleが強かった・・・ 来年のAndroidタブレットはどこまで頑張ってくれるか期待したいところです。

HUAWEI Watch 2

Moto 360以来のAndroid wear端末。Moto 360はバッテリの持ちもかなり酷く、1日フルで利用できなかったので、すぐに飽きてしまった苦い経験があります。

ただやっぱり、腕時計でスマホの通知を受け取られるのは便利ですし、何よりやっぱり時計を付けておいた方が良いよね、と思い立って衝動買いしたモデルでした。

Moto 360の頃とは比べものにならないくらい便利に使えるようになっていて驚きです。

iRobot ブラーバ371j

しばらくの間ルンバ君に玄関エリアの掃除を任せていたのですが、拭き掃除も自動でできれば便利だし、更にQoL高まるんじゃ?と思い、酒の勢いで買った拭き掃除ロボット ブラーバ 371j。

ルンバ君とは対照的に、びっくりするくらい静かに黙々と拭き掃除をしてくれるすごい奴です。やっぱり掃き掃除だけじゃなくて、拭き掃除した方がよりすっきりできることを実感しました。

現在全部屋分のブラーバを追加購入するか検討している位優秀な子です。ハウスダスト対策には持って来いです。

Galaxy Note8

今年の初めにメインスマホをXperia X Compactに変えた物の、動作自体ももっさりで何だか微妙だなぁと感じていたところ、待望のGalaxy Noteシリーズの最新モデル、Galaxy Note8が日本でもリリースされることを知り、いの一番にドコモオンラインショップで予約して、発売当日に手に入れることができた逸品です。

もう非の打ち所がない位良くできたスマートフォンで、QoLが音を上げて高みに登っていくことが確認できました。初代Noteが初めてのAndroid端末だったということもあって、Noteシリーズには色々と思い入れがあります。

初代Noteは色々と気になるところはありましたが、Note8についてはスペックで殴る、を体現したモデルで文句なしです。どれくらいすごいかと言うと、ドコモのプリインストールアプリを止めなくても気にならないくらい。

iPhone 7 ジェットブラック

何か安くなって、かつ何か新しい色が出たから取りあえず買ってみたiPhone 7 ジェットブラック。

Apple Payのテスト端末にでも使うかなぁくらいにしか思っていなかったのですが、中々に使いやすくてFeliCaテスト用に買った””酷い””スマホと比べると雲泥の差。

ついでにブログやサーバ監視用、認証系の用途もこいつに任せようということで、今ではGalaxy Note8のサブ機として活用しています。

LG 27インチ4Kディスプレイ

Amazonプライムデーで衝動買いした4Kディスプレイ。メインで利用しているディスプレイがDellの27インチWQHDディスプレイで、その狭さに日々いらだちを感じていました。

年末だし、プライムデーだし、QoLもきっと上がるよなんて自分を誤魔化しながら購入したディスプレイでしたが、画質も綺麗ですし、作業範囲が格段と広がりストレスも解消と良いことずくめでした。

ディスプレイ操作についてはちょっと難ありですが、一度設定してしまえば特に変更することも無いのでここについては僕は気になりませんでした。

ガジェットとはQoLを高まらせることを目的とする物だ、と僕自身考えているので、このディスプレイはQoLを格段と向上させてくれる非常に良いガジェットでした。

Amazon Echo Plus

招待メールが来ない来ないとわめき散らして、購買意欲もなくなった12月22日に招待メールが届きました。正直なところすでに購買意欲は0に近しい状態でしたので、購入するつもりは無かったのですが、まぁ季節物だし取りあえず買っておくかぁと妥協しながら購入した商品でした。

ただ届いてセットアップしてみると意外と使いやすく、さらには部屋の隅から声をかけても拾ってくれることが分かったので、一気に満足度が跳ね上がった一品でした。

部屋の照明を全部コントロールするにはあとhueが5つ必要なので、ちょっとつらいですがその内部屋の中の電化製品をAmazon Echo Plusで操作できるようにしてQoLを高めていく所存です。

人生最大の失敗 NuAns NEO Reloaded

今年は結構良い買い物ができたのでは、と今までの振り返りを見てるとそう錯覚するのですが、2月に予約して6月に購入した最悪のスマホ、NuAns NEO Reloadedのせいでそれらが帳消しされるくらい酷い買い物をしてしまいました。

散々めんたいガジェットフェスでアップデート周りや、品質について煽っていてかつ、SIMフリーFeliCaスマホだなんてイケてるじゃんと思って会場で予約し、6月に購入しました。

もし一度過去に戻れるなら2月に戻って、予約しようとしている僕を殴ってでも止めたい。

アップデートについてのスタンスはコロコロ変わる、サポートの質がバラバラ、品質の低さ、ユーザーコミュニティのひどさ、と悪いところにしか目がつかないくらい酷い物でした。

恐らくNuAns NEO Reloadedを購入したことは、生まれて今までの人生の中で最大の失敗であると断言できます。

もうあの会社の製品を買うことは金輪際ないでしょう。来年はこの失敗を教訓としてもっと賢く買い物できるようになりたい物です。

まとめ

こう改めてまとめてみると、結構いろんな物を購入した1年でした。今年くらいから本格的に資産運用を始めたので、来年はかけるお金の割合を変更して、きちんと資産運用していきたいなぁと思います。思います・・・

コメント