超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa サーバー
スポンサーリンク

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた

弊ブログでも採用している、ブログを簡単に構築できるPHP製のCMS、WordPress。
プラグインが豊富でカスタマイズ性が高く、かつプログラミングの知識が無くても、基本的に見栄えの良いブログを構築できます。

そんな便利なWordPressですが、欠点としてページの読み込みが遅いという点があります。

そんな欠点を補うことができる、大変良いプロダクトをプライムストラテジー社が提供しています。

それが、超高速WordPress仮想マシン、「KUSANAGI」です。

KUSANAGIのページによると、既存のWordPressサイトと比べて、通常の約10倍にブーストさせる、と謳っています。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

そんなKUSANAGIですが、どのような環境でも導入できるというわけではなく、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、一部のVPSにしか導入することができません。

弊ブログではAzureを採用しているのですが、価格、ハードルともに少し高いので、KUSANAGIを手軽に構築できてかつ、格安で契約することができるパブリッククラウド、ConoHaで導入するのが一番オススメです。



本当に早くなるの?

ConoHaにKUSANAGIを導入するのがオススメだということは分かったのですが、KUSANAGIのページにあるとおり、10倍も速くなるのでしょうか?

必要なソフトウェアや、基本的なパフォーマンスチューニングをセットで実施してくれる、仮想マシン「KUSANAGI」のその実力やいかに。

テスト環境

今回は、ConoHaの東京リージョンでメモリ2GBプランでそれぞれ契約し、片方はWEBサーバ(LEMP)のアプリケーションテンプレートを、もう片方はKUSANAGIのアプリケーションテンプレートを利用して構築を行います。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

その後、デフォルトで導入されているテーマ「Twenty Seventeen」を使ってそれぞれ、ヘッダ画像を挿入した記事を5記事作成したものを用意しました。

ConoHaでKUSANAGIを簡単構築

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

ConoHaでKUSANAGIを簡単に構築する手順をご紹介します。

まず、ConoHaの管理画面にログインし、「サーバー追加」ボタンをクリックします。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

すると、サーバー追加画面が表示されますので、まずプラン設定欄で、タイプを「VPS」、リージョンを「東京」、メモリを「2GB」にそれぞれ設定します。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

続いて、イメージ欄で、イメージタイプを「アプリケーション」、アプリケーションを「WordPress(KUSANAGI)」、バージョンは「latest-64bit」に設定し、rootアカウントのパスワードを入力します。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

続いて、オプション欄で、オプション設定を行います。本記事ではこのオプション設定については省略させて頂きます。

なお、ネームタグには分かりやすい名前を入力します。今回はkusanagiと入力してみました。

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

最後に契約プランのスペックと月額料金が表示されますので、問題無ければ「追加」をクリックします。

これでKUSANAGIを導入できたのですが、これだけではWordPressを利用することは出来ません。

WordPressの導入方法は、KUSANAGIの公式ページに詳しい説明と、導入方法が掲載されていますのでそちらをご参照ください。

[btn class=”lightning big”]KUSANAGIの初期設定[/btn] [btn class=”lightning big”]KUSANAGIのプロビジョニング[/btn] [btn class=”lightning big”]WordPressのインストール[/btn]

最初のOSアップデートに少し時間がかかりますが、それ込みでも30分もあれば、超高速と謳われているWordPressを導入することができます。

GTMetrixの比較

ページの読み込みスピードや、どのファイルが読み込み時のボトルネックとなっているか、確認するために利用するGTMetrixを利用してテストを行います。

ノーマル版WordPressでテスト

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

まずは、KUSANAGIを導入していない、普通にWordPressを導入したサーバーでテストを行いました。

結果は、パフォーマンススコアがCの77%、YSlowスコアがDの67%、ページ読み込み時間は1.6秒とのこと。

ほとんどプラグインを入れていないのに、スコア自体は少し低めな結果となりました・・・

KUSANAGIのWordPressでテスト

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

続いて、KUSANAGIのWordPressでテストしてみたところ、パフォーマンススコアはAの96%、YSlowスコアはBの87%、ページ読み込みスピードは1.4秒と劇的に改善されています。

また、KUSANAGIには独自のキャッシュ機能が搭載されているためか通常版と比べ、ページサイズが削減されています。

ApacheBenchの比較

WEBサーバのテストツールとして有名な、ApacheBenchを利用して、同時リクエスト総数を100、同時に発行されるリクエストを100としてテストを行いました。

ノーマル版WordPressでテスト

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

まずはノーマル版のWordPressサーバに対してテストを行います。

syobon@graf:~$ ab -n 100 -c 100 http://*******.g.tyo1.static.cnode.io/wordpress/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1706008 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking *******.g.tyo1.static.cnode.io (be patient).....done


Server Software:        openresty/1.11.2.5
Server Hostname:        *******.g.tyo1.static.cnode.io
Server Port:            80

Document Path:          /wordpress/
Document Length:        67945 bytes

Concurrency Level:      100
Time taken for tests:   7.421 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Total transferred:      6823400 bytes
HTML transferred:       6794500 bytes
Requests per second:    13.47 [#/sec] (mean)
Time per request:       7421.236 [ms] (mean)
Time per request:       74.212 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          897.89 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:       16   26   6.4     26      39
Processing:   566 4310 2292.3   4534    7362
Waiting:      462 4094 2246.0   4274    7322
Total:        585 4336 2298.5   4560    7401

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%   4560
  66%   5817
  75%   6612
  80%   7040
  90%   7246
  95%   7338
  98%   7382
  99%   7401
 100%   7401 (longest request)

KUSANAGIのWordPressでテスト

超高速な WordPress を簡単に導入できる!?普通の環境と比べてみた on ConoHa

続いてKUSANAGIのWordPressでテストを行いました。

syobon@graf:~$ ab -n 100 -c 100 http://*******.g.tyo1.static.cnode.io/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1706008 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking *******.g.tyo1.static.cnode.io (be patient).....done


Server Software:        nginx
Server Hostname:        *******.g.tyo1.static.cnode.io
Server Port:            80

Document Path:          /
Document Length:        67441 bytes

Concurrency Level:      100
Time taken for tests:   1.929 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Total transferred:      6775000 bytes
HTML transferred:       6744100 bytes
Requests per second:    51.83 [#/sec] (mean)
Time per request:       1929.268 [ms] (mean)
Time per request:       19.293 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          3429.39 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:       15   26   7.4     24      44
Processing:    62  561 293.2    572    1881
Waiting:       37  535 292.8    542    1854
Total:         82  588 299.6    596    1914

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%    596
  66%    740
  75%    812
  80%    850
  90%    974
  95%   1003
  98%   1015
  99%   1914
 100%   1914 (longest request)

上記結果から重要なところだけ抜き出してみると、下記の通りとなりました。

 ノーマル版WordPressKUSANAGIのWordPress
Time taken for tests
テスト終了までにかかった時間
7.421秒1.929秒
Failed Requests
失敗したリクエストの数
00
Requests per second
1秒間に処理できるリクエスト数
13.4751.83
Time per request
1リクエストにつき処理に要した時間
7421.236ミリ秒1929.268ミリ秒
Transfer rate
1秒間で受け取ったデータのサイズ
897.89KB3429.39KB

だいたいノーマル版と比べ、KUSANAGIが3.8倍ほどのスコアを叩き出していることが確認できます。

KUSANAGIのページには約10倍速くなると記載がありますが、実測値は約3.8倍で落ち着きました。

これはKUSANAGIの推奨環境がメモリ4GB以上であることや、パフォーマンスチューニングを一切せず、サイト構築後にすぐパフォーマンステストを行ったことが原因と考えられます。

ただ、それにしても特にチューニングせずにノーマル版と比べて約3.8倍もパフォーマンスが出ていることに驚きですね。

速いWordPress環境をできる限り安くで構築したいという方に取っては、ConoHaとKUSANAGIの組み合わせは最適だと言えます。

特にConoHaはVPSではなくパブリッククラウドですので、サーバの冗長構成やスケールアップも容易にできるため、個人利用から企業利用まで手広くカバーできるのも髙ポイントです。

個人でブログを開設しようと考えている方、WordPressを使ってかつ、できるだけ安くで企業ブログ、企業サイトを構築したいと考えている、企業担当者の方は是非とも検討して貰えればと思います。

[btn class=”lightning big”]ConoHaで今すぐ超高速WordPressサイトを構築!
[/btn]

Source: KUSANAGI

コメント