Google Cloud Platform の大阪リージョンが開設へ!日本に2カ所のリージョンが生まれる形に

Google Cloud Platform 大阪リージョン
スポンサーリンク


Google Cloud Platform の大阪リージョンが開設へ!日本に2カ所のリージョンが生まれる形に

Google Cloud Platform 大阪リージョン
Googleがサービス提供している、クラウドプラットフォーム「Google Cloud Platform(GCP)」に大阪リージョンが開設されることが決定しました!

2016年に東京リージョンが開設され、日本のユーザーでも低レイテンシでGCPが利用できるようになっていたのですが、企業ユーザーにとってはBCPの観点から、東京と同等のレイテンシで利用できるリージョンの追加が渇望されていました。

東京リージョンも高可用性が担保されているのですが、地震大国である日本では例え高可用性を担保していたとしても、3.11のような大震災が発生すると、東京リージョンだけではまかなえない可能性も十分に有ります。

そんな中での大阪リージョン開設の報は、そんな不安を払拭してくれる素晴らしいニュースでした。

大阪リージョンでも、サービス停止を避けるために、3つのゾーンを用意して高可用性を担保しているとのこと。

東京リージョンと大阪リージョンを利用することで、可用性と耐災害性(BCP)を担保することができるようになれば、企業ユーザーの導入が促進されそうですね。

僕も、このブログのバックアップをGCPの東京リージョンに保存しているのですが、大阪リージョンが開設された折には、大阪リージョンにもバックアップを保存するようにしていきたいですね。

AWSのシェアを巻き取れるか

Google Cloud Platform 大阪リージョン
現在、クラウドプラットフォームのシェアナンバーワンはAmazonのAWSで、GCPはその後を全速力で追っている形となります。

AWSはサービスの多様性が非常に大きいのですが、日本国内のリージョンは東京にしかありません。

それに対してGCPは東京と大阪の2リージョン体制で挑む形になりますが、果たしてAWSのシェアを巻き取れること出来るのか見物ですね。

現在、GCPでは大阪リージョンの早期アクセスを募集しているようですので、興味がある方はこちらから応募されてはいかがでしょうか。

Syobon
GCPを使い始めて日が浅い僕が言うのもなんですが、AWSはサービスの多様性を特徴とし、Microsoft AzureはOffice 365や、Azure ADなどWindowsと連携させるサービスを有していることを特徴としています。

GCPはこれら2つのサービスと比べると、どうしても目立った特徴が無いようにも思えるんですよね・・・ リージョン追加のニュースはありがたいのですが、他サービスとの違いをより良く知れる機会を大阪でも提供してくれるとありがたいなぁ・・・

Source: Google Cloud Japan公式ブログ

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。