FreeNAS Corral の鉄板構成を考えてみる

Windows Server サーバー
スポンサーリンク

FreeNAS Corral の鉄板構成を考えてみる

現在FreeNAS Corralを使って、ファイルサーバーを構築しているのですが、そろそろ運用を始めてから5年ほど経ちます。

驚くべき事に、ファイルサーバーとして使用している、HPのMicroserver、WD Green 2TBともに一切壊れず今も動き続けています。

ただ、流石に5年も経つとMicroserverの電源系統の異常や、WD Green自体の不良セクターの発生などが何時起きてもおかしくありません。

そこで、次期ファイルサーバーとしてFreeNAS Corralを利用したときの鉄板構成を考えてみます。

現在の構成

項目内容
サーバー筐体HP Proliant MicroServer
CPUAMD Turion II Neo N54L
2 Cores @ 2.2GHz
メモリ
SP016GBLTU169ND2

16GB(8GB x 2)
HDDWD Green 2TB * 4
NICIntel EXPI9402PT
サーバーシステムイメージ用USBメモリシリコンパワー 16GB
>SP016GBUF3B02V1K

この構成は、FreeNAS Corralになる以前に構築した物ですので、CPU自体は低スペックです。

しかし、ファイルサーバーとして使う分には問題ありません。

FreeNASのファイルシステムはZFSを利用するため、メモリに関しては積める分だけ積んでいます。

FreeNAS Corralの要求スペック

項目内容
CPUマルチコアCPU
64bit対応
システムイメージ用領域8GB以上
メモリ8GB以上

FreeNAS Corralの最低要求スペックとしては、上記の通りです。

この最低要求スペックを踏まえて、鉄板構成を考えます。

鉄板構成

項目内容
サーバー筐体ProLiant MicroServer Gen8
メモリ
SP016GBLTU169ND2

16GB(8GB x 2)
HDDWD Red 3TB * 4
NICIntel EXPI9402PT
サーバーシステムイメージ用USBメモリシリコンパワー 16GB
>SP016GBUF3B02V1K

ファイルサーバーを構築すると考えると、やはりHDDを簡単に交換できる筐体を選びたいところ。

比較的安くで購入できて、かつHDDを簡単に交換できる物としては、ProLiant Microserverの後継機である、ProLiant Microserver Gen8が最適です。

この構成で組むとなると、かかる金額は10万円程度くらいになりますね。

ここに、故障時の予備HDDとしてもう1本HDDを購入するとなると、総額は11万程度になります。

まとめ

総額としては10万円ほどかかりますが、9TB(1本をパリティとして利用)のストレージ、2ポートのNICを搭載した、ファイルサーバーを構築することができます。

ただ、FreeNAS Corralから搭載された、仮想マシン機能を利用するとなると、Xeon E3 v2を搭載させる必要がありますので、さらにかかる金額が上がります。

個人的にはファイルサーバーにいくつもの機能を持たせることには反対ですので、CPUを追加する必要はないのかなと思います。

僕の場合は、メモリを流用できるので予備のHDDを購入したとしても10万程度で済みそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました