Ryzen 5 を使ってコンパクトながらも、しっかりしたパフォーマンスのPCの構成案を考える

Ryzen 5サーバー
スポンサーリンク

Ryzen 5 を使ってコンパクトながらも、しっかりしたパフォーマンスのPCの構成案を考える

現在家でESXiを使った仮想サーバーを使っているのですが、メモリが16GBしかないため、仮想マシンをこれ以上増やすことができなくなってしまいました。

DDR3メモリ16GBを2枚買えば、32GBになるため余裕はできるのですが、購入費用が4万円近くになります。

CPUはXeon E3-1220とそれなりの年数が経っているため、4万円でメモリを追加するのであれば、いっそのことサーバーごと更改してしまおうかと思います。

RyzenではESXiがまともに動かない?

今のところ、普通にRyzen環境にESXiを導入してもPSoD(Purple Screen of Death)が発生し、起動しません。

これを回避するにはSMTを無効化してあげる必要があります。残念ながら、SMTを無効化すると、パフォーマンスが30%以上低下するとのことでした。

こちらについては今後のアップデートで改善されることを祈りつつ、Ryzenで構築した場合どうなるか考えてみます。

そもそも仮想サーバーの場合CPUリソースを割く必要はないので、そこまで気にすることも内のですが、やっぱり気になってしまうところ・・・

Ryzen 7ではなく、Ryzen 5で

上記でも述べたとおり、CPUリソースを割く必要はないため、Ryzen 7ではなくお手頃なRyzen 5で組んでみることにします。

項目内容 
CPURyzen 5 1600
RAMCMK32GX4M2B3000C15 (16GB x 2)
M/BMSI B350M PRO-VDHM-ATX
VGAZTGT1030-2GD5LP
ストレージWD Green WDS240G1G0A
電源KRPW-PT600W/92+ REV2.0
ケースSST-GD09B
NICGigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT

この構成で組めば10万程度で済みそうですね。

メモリが32GBでそれなりのスペックのCPU、SSD 256GBの構成であれば、結構お手頃価格なのではないでしょうか。

もちろん、使い回しできるパーツがあるのであればもう少し安くで抑えることもできます。

まとめ

なんだかんだでまともな仮想サーバーを構築すると10万くらいにはなってしまいますね。

この構成であれば、メモリスロットがあと2スロット空いているため、更に拡張することもできます。

電源もそれなりに余裕を持った構成ですので、OSにESXiではなく、Windows 10を入れればコンパクトデスクトップPCになりますし、VGAをもう少し良い物を積めばコンパクトゲーミングPCにもなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました