AMD版DeskMini、 「DeskMini A300」がAmazonで予約開始に!

AMD版DeskMini がAmazonで予約開始、Desk Mini A300 ガジェット
スポンサーリンク

AMD版DeskMini、 「DeskMini A300」がAmazonで予約開始に!

ASRockがリリースしている超小型ベアボーンシリーズ、DeskMiniに待望のADM Ryzen対応モデル「DeskMini A300」が年末に正式発表され、大いに話題を呼びました。

AMD版DeskMini がAmazonで予約開始、Desk Mini A300

そして年明け1月11日に、CFDが日本でDeskMini A300を1月末に販売するとプレスリリースを発表しました。

OCFやTaichiで使っている最上位チョークコイルを採用

ASRock Japan曰く、Desk Mini A300には高品質なパーツを使うことで、Mini STXに詰め込むことができたそうで、OCFやTaichiで使っている最上位チョークコイルを採用しているとのことで、非常にコストパフォーマンスが高いベアボーンキットに仕上がったようです。

このサイズでストレージが4本搭載できる

AMD版DeskMini がAmazonで予約開始、Desk Mini A300

また驚くことにこのサイズで、2.5インチのストレージが2本と、Ultra M.2 (2280) PCIeが2本搭載されており、最大で4台のストレージを搭載させることができます。

Ultra M.2 (2280) PCIeについては、1スロットはGen3 x4、もう1スロットはBristol世代、Raven世代のCPUであればGen3 x4、Athlon 2XXGEシリーズであればGen3 x2動作となるとのこと。

小型サーバ構成で組んで見た

DeskMini A300とRyzen 3 2200Gと組み合わせれば、小型のサーバにぴったりなマシンを組めそうです。

今回しょぼんブログでは下記の構成で自宅テストサーバを構築してみることにしました。

項目内容価格
ベアボーンキットDeskMini A300

19,958円
CPURyzen 3 2200G

11,563円
メモリDDR4-2400 SO-DIMM(CT16G4SFD824A)

15,900円
ストレージIntel SSD DC S4500 240GB*2

20,436円*2

今回はサーバ用途ということで、ストレージにはIntelのデータセンター向けクラスのDC S4500を2台組み込みRAID 1構成を取る予定でいます。

RAID構成が必要でなく、かつコンシューマ向けで十分と言うことであれば、Samsung SSD 500GB 860EVOを買えばより安くで組むこともできます。

買うなら予約するのがオススメ

Amazonによると、発売予定日は2019年2月15日とのこと。

今回のDeskMini A300は注目が集まっているだけに、発売日に即売り切れとなることが予想されますので、購入予定の方は今のうちに予約を入れておくと良さそうですね。

Ryzen第2世代からオンボードグラフィックスが統合された頃くらいからRyzen版のDeskMiniは出ないのか、出ないのかと待ち望んでいましたがまさかこんな早くに発売されるとは思いませんでした・・・ ASRockさん、本当にありがとうございます・・・!

Source: ASRock | CFD

コメント

タイトルとURLをコピーしました