Firefox が11年越しの悲願(?)達成、Firefox2時代の不具合がようやく修正される

Firefox
スポンサーリンク


Firefox が11年越しの悲願(?)達成、Firefox2時代の不具合がようやく修正される

11年前にLinux版Firefox2には、不思議な不具合が存在しており、何も無いところで中クリックすると、クリップボードの内容をURLとして開くようになっていました。

このURLで開く不具合では、クリップボードの中身がURLであるかどうかチェックされていなかったため、でたらめな物でも無理矢理開いていました。

これは、「about:config」の「middlemouse.contentLoadURL」がLinux版でTrueになっていると起こる不具合だと指摘されていました。

Firefox3では、この値をTrueからFalseするように要望を挙げていたのですが、ずっと無視され続けていたようです。

それが、9月5日にリリースされたLinuxとAndroid版のFirefox 57に、TrueからFalseに変更するコミットが適用され、晴れてこの不具合が解消したようです。

何故今まで無視され続けていたのかは不明ですが、11年越しにようやく不具合が修正されたということで、OSSコミュニティではすこし盛り上がっているようです。

Source: mozilla.com | Firefox

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。