Core i3-8100 のコストパフォーマンスが大変に良い、格安クアッドコアCPU

Core i3 8100ガジェット
スポンサーリンク


Core i3 8100 のコストパフォーマンスが大変に良い、格安クアッドコアCPU

最近AMDのRyzenが破竹の勢いを見せており、Intelが少し苦戦している状況が続いています。

そんな中、AMDに対向するために少し先走ってリリースされた物がCoffee Lake-S世代のCPUです。

Coffee Lake-S世代のCPUといえば、ハイエンドのCore i7-8700Kに注目しがちです。

ですが、僕がCoffee Lake-S世代で一番注目すべき物は、ローエンドの「Core i3-8100」だと考えます。

デュアルコアからクアッドコアへ

Core i3 8100
Core i3といえばデュアルコアで、ハイパースレッディング(HT)で4スレッド動作する物が基本でした。

項目内容
動作周波数3.60 GHz
コア数4コア
スレッド数4スレッド
L3キャッシュ6MB
最大搭載メモリ64GB
メモリの種類DDR4-2400
ECCメモリ対応対応
内蔵グラフィックスインテル UHD グラフィックス 630

4K 60Hz対応

ですが、Coffee Lake-S世代の「Core i3-8100」はハイパースレッディングこそ無い物の、デュアルコアからクアッドコアへ、L3キャッシュがCore i5と同じ6MBへと仕様変更がなされました。

1万円台でクアッドコアでかつ、オンボードグラフィックスが搭載されている環境を構築できますので、ゲーミング利用で無ければ第一世代Ryzen 3と比べてアドバンテージがあります。

Kaby Lake Core i5に匹敵するスペック

Core i3 8100
安くでクアッドコア環境を構築できることは分かったのですが、だいたいどれ位パフォーマンス向上が見込めるのでしょうか。

今回僕はCore i3-8100を購入する前に、Kaby Lake世代のCore i5のベンチマーク比較を確認してみたところ、驚愕的な結果が得られました。

Core i3 8100

まずはCore i3-8100とKaby Lake世代のCore i5シリーズの中で下位モデルに当たる、Core i5-7400と比較してみたところ、約9.3%パフォーマンス向上していることが分かりました。

ただ、動作周波数はターボブースト時でもCore i3-8100の方が高いため、あまりフェアな比較ではありません。

Core i3 8100

そこで、ターボブースト時に動作周波数が3.8GHzとなるCore i5-7500と比較してみたところ、わずかではありますがCore i3-8100が優位に立っていることが分かります。

Core i3 8100

ただ流石に更に上位モデルであるCore i5-7600と比べると、Core i5-7600の方がCPUパフォーマンス面で優位に立つこととなります。

Core i5-7600には勝てない物の、1万円台でCore i5-7500に匹敵するパフォーマンスを発揮するとは中々強烈です。

Ryzen 5には勝てなかった

Core i3-8100
Core i3 8100

Kaby Lake世代のCore i5とタメ張れるのであれば、Ryzen 5にも勝てるのでは?と思い、Ryzen 5 1400と比較してみましたが、流石にRyzen 5には勝てなかった模様です。

こうしてみるとRyzenシリーズ、特にRyzen 5シリーズのコストパフォーマンスの高さには目を見張る物があります。

ただ、Ryzen 5 1400にはオンボードグラフィックスが搭載されていないため、追加でGPUを購入する必要があるため、かかる費用はRyzen 5 1400の方が高くなります。

Raven Ridge世代のRyzen 3にはCPUスコアでは勝つ物の

Core i3-8100
Core i3 8100

Ryzenといえば、Radeon Vegaシリーズのオンボードグラフィックスを内蔵した、Raven Ridge世代のCPUがつい先日発売されました。

そこで価格帯も近い、Ryzen 3 2200Gと比較してみたところCPUパフォーマンスについては大きく引き離している物の、オンボードグラフィックス性能についてはRyzen 3 2200Gの方が高い物と思われます。

OA用途や小規模サーバであればCore i3-8100はアリ

Core i3-8100
これらの結果を踏まえると、Core i3-8100はグラフィックス性能をあまり重視しない、OA用途や小規模サーバには非常にコストパフォーマンスの高いCPUであることが分かります。

ただ、CPUやGPUへの投資を抑えつつ、ゲームもそれなりにプレイしたいのであれば、Raven Ridge世代のRyzenを選択するのが最良なのかもしれませんね。

まとめ

僕個人としては、小規模サーバをLinuxで構築しようと考えている方であれば、Core i3-8100を特に強くオススメします。

僕が現在取り組んでいるKosen Spaceという、高専生向けの無償WEBレンタルスペースのサーバに、Ryzen 5 1400を利用していたのですが、恐ろしく不安定な動作を見せ、1週間に2~3回ほどKernel Panicでフリーズしてしまうという実績があります。

そんな状況に嫌気がさして、Core i3-8100に切り替えてみたのですが、驚くほど安定して動作してくれています。

IntelはAMDに少し負けているので、どうせCoffee Lake-S世代もそこまで大したこと無いんだろうな、と思っていただけにCore i3-8100の登場には驚きが隠せませんでした。

参考:Core i3 8100のUnixBench

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: prinz: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 4.15.1-1-default -- #1 SMP PREEMPT Sun Feb 4 19:20:08 UTC 2018 (9df97e2)
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM) i3-8100 CPU @ 3.60GHz (7200.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 1: Intel(R) Core(TM) i3-8100 CPU @ 3.60GHz (7200.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 2: Intel(R) Core(TM) i3-8100 CPU @ 3.60GHz (7200.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 3: Intel(R) Core(TM) i3-8100 CPU @ 3.60GHz (7200.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   22:15:47  up 3 days  5:52,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00; runlevel 2018-02-11

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Feb 14 2018 22:15:47 - 22:44:54
4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       45941322.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     3749.0 MWIPS (15.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               6243.8 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        638555.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          165440.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1967501.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1210904.4 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 218134.4 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               5654.4 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   7734.1 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1428.3 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                         821223.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   45941322.3   3936.7
Double-Precision Whetstone                       55.0       3749.0    681.6
Execl Throughput                                 43.0       6243.8   1452.0
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     638555.4   1612.5
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     165440.2    999.6
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1967501.6   3392.2
Pipe Throughput                               12440.0    1210904.4    973.4
Pipe-based Context Switching                   4000.0     218134.4    545.3
Process Creation                                126.0       5654.4    448.8
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7734.1   1824.1
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1428.3   2380.5
System Call Overhead                          15000.0     821223.7    547.5
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1230.6

------------------------------------------------------------------------

Benchmark Run: Wed Feb 14 2018 22:44:54 - 23:14:09
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables      183707762.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                    14515.4 MWIPS (16.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                              22818.0 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        845875.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          217712.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       2979056.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             4829907.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                1183422.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              50060.4 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                  21342.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   3200.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3047813.7 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0  183707762.9  15741.9
Double-Precision Whetstone                       55.0      14515.4   2639.2
Execl Throughput                                 43.0      22818.0   5306.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     845875.8   2136.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     217712.5   1315.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    2979056.4   5136.3
Pipe Throughput                               12440.0    4829907.7   3882.6
Pipe-based Context Switching                   4000.0    1183422.6   2958.6
Process Creation                                126.0      50060.4   3973.0
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4      21342.8   5033.7
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       3200.8   5334.6
System Call Overhead                          15000.0    3047813.7   2031.9
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        3757.6

Source: Intel | PassMark Software

コメント