Windows Server 2016 をUSBメモリブートでインストールする

Windows Server管理者の憂鬱 Tips 第1回サーバー
スポンサーリンク

Windows Server 2016 をUSBメモリブートでインストールする

連載開始でいきなりTips番外かと言われそうですが、連載記事に付随したTips記事です。

最近ではOSをインストールする方法として、光学メディアではなくUSBメモリを使用してインストールする方法が主流となってきました。

光学メディアと違って基本的にどんなPCでもインストールメディアを作成することが出来るので、非常に便利な方法です。

しかし、USBメモリからのインストールには大きな問題が1つあります。

UEFIでブートさせるにはFAT32でUSBメモリをフォーマットする必要がある

UEFIでブートさせるためにはFAT32でUSBメモリをフォーマットする必要があることです。

一部端末ではNTFSフォーマットしたUSBメモリでもブートできるそうなのですが、今までそんな端末に出くわしたことがありません。

その情報を踏まえた上で、Windows Server 2016のISOを見てみますと、5.64GBと非常に大きくなっています。

ただ、イメージサイズが4GBを超えていても問題は無く、ISOイメージ内のそれぞれのファイルサイズが4GBを超えていなければ問題ありません。

Windows Server管理者の憂鬱 Tips 第1回

ですが、Windows Server 2016 ISO内のsourcesディレクトリのinstall.wimのサイズを見てみると、4.72GBとなっており、このままではUSBメモリにファイルのコピーができません。

Dismでinstall.wimを分割する

そのような問題に対してMicrosoftはDismでinstall.wimを分割するオプションを用意しています。

以下の方法を実施すれば、Windows Server 2016をUSBメモリブートでインストールできるようになります。

[aside type=”warning”] なお、作業はWindows 10 (Version 1703)上で行う物とします。
[/aside]

Win + Xキーを押下し、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして、PowerShellを管理者権限で立ち上げます。

次にUSBメモリをPCに接続し、Windows Server 2016のISOイメージをマウントします。

[aside type=”normal”] 挿入するUSBメモリは32GBの物で、USBメモリがDドライブ、マウントしたイメージがEドライブになっていることを前提に説明を続けます。
[/aside]

PowerShellで下記コードを実行します。

diskpart

すると、Diskpartが起動されプロンプトが「Diskpart >」に変わります。

続いて、下記コマンドを実行します。

list disk

実行されると、下記の結果が得られます。

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           238 GB      0 B        *
  ディスク 1    オンライン            28 GB      0 B        *

他にもPCにディスクを接続していれば、ディスク 2、ディスク 3と続いて表示されます。

ここでは、ディスク1がUSBメモリであることが分かります。

USBメモリのディスクナンバーが分かったら、次のコマンドを実行します。

select disk 1
clean
convert gpt
create partition primary
format FS=FAT32 quick
exit

これでUSBメモリの準備が完了しました。

次に、下記コマンドを実行してブートレコードをUSBメモリに書き込みます。
なお、PowerShellを管理者モードで実行していなければここで失敗します。

bootsect /nt60 D:

次に下記コマンドを実行して、USBメモリにinstall.wim以外のWindows Server 2016 ISOの中身をコピーします。

copy-item E:\* D:\ -Exclude "install.wim" -recurse -verbose

ファイルのコピーが完了したら、続いて下記コマンドを実行して、install.wimをSWMファイルに分割し、USBメモリ内にコピーします。

dism /split-image /ImageFile:E:\sources\install.wim /SWMFile:D:\sources\install.swm /FileSize:4096

このコマンドが完了すれば、晴れてWindows Server 2016インストール用のUSBメモリを作成することが出来ます。

あとは、このUSBメモリを端末に挿入し、起動オプションからUSBメモリを選択してあげれば、Windows Server 2016のインストールを行うことが出来ます。

まとめ

ついにOSのインストールイメージがDVD片面1層では収まりきらなくなる時代に突入したんですね・・・

CD1枚でインストールできていた頃が懐かしいですね・・・

Windows Server管理者の憂鬱の記事だけではカバーできない物については今回のように、Tips記事として掲載していきます。

ここが分からない、などの意見を頂けましたら、Tips記事としてどんどん作成していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

Source: Microsoft | SEの雑記

コメント

  1. […] Windows Server 2016 をUSBメモリブートでインストールする | しょぼんブログ Windows Server 2016 USBインストール – Qiita […]

タイトルとURLをコピーしました