Apple IDのアカウントが制限されている、という題名のフィッシングメールにご注意を

Apple IDのアカウントが制限されている、という題名のフィッシングメールにご注意をニュース
スポンサーリンク

Apple IDのアカウントが制限されている、という題名のフィッシングメールにご注意を

さもApple公式を騙り、Apple IDとパスワードを盗み出すフィッシングメールが横行しています。

フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。

from:総務省

Apple IDのアカウントが制限されている、という題名のフィッシングメールにご注意を

今回出回っているメールは上図の様なメール。 今回のメールではどこに気をつければ良いか解説します。

Apple IDのアカウントが制限されている、という題名のフィッシングメールにご注意を

今回のメールは分かりやすいのですが、上図赤枠内を見ると送信元名は「Apple ID」と記載されていますが、メールアドレスは「hira@kyokkopearl.jp」とAppleとは何の関係もないメールアドレスであることが分かります。

攻撃者が差出人を詐称して送信しているわけですね。

メール本文の日本語が若干怪しいという点も見極めるポイントの1つではありますが、中には完璧な日本語で書かれたフィッシングメールもあるため、メール文体の正確性を判断基準とすることは危険ですので、あえて本文には触れていません。

さて、「マイアカウント確認」、「My Apple ID」、「サポート」、「プライバシーポリシー」にリンクが張られているのですが、宛先はAppleドメインではなく「https://maafwganteng.com/?berkah」というURLとなっています。

こちら現時点ではアクセスしてもページに接続できないようになっているため、リンクをクリックしても安全ですが、フォロワーによると、名前や住所、クレジットカードの番号の入力を促されたようです。

少しでも怪しいな、と感じたら何も入力せずにページを閉じるようにしてくださいね。

当ブログでは、今後もフィッシングメールの注意喚起記事を掲載していきます。

IT系が得意な方に取っては何てこと無いメールではありますが、IT系についてあまり詳しくない、苦手な方に取っては、どこを見て判断すれば良いか分からない事もあるかと思います。

そんな方を少しでも手助けできるような記事となれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました