初音ミク 生誕10周年を記念して、RICHO THETA SC type HATSUNE MIKUが発売へ

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ
スポンサーリンク


初音ミク 生誕10周年を記念して、RICHO THETA SC type HATSUNE MIKUが発売へ

クリプトンフューチャーメディアが、10年前の2007年にリリースした、VOCALOID 初音ミクをリリースしました。

主に動画投稿サイトでその人気を広めていき、2011年にはGoogle ChromeのCMに大抜擢されるようになった初音ミクですが、今回生誕10周年を記念して、リコーとコラボが行われることになりました。

360度撮影できる、RICHO THETA SC

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

RICHO THETAシリーズは、RICHOがリリースしている、全天球写真(360度撮影できる)が撮影できるカメラの総称で、非常に特徴的な写真が撮れることで有名です。

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

そんなRICHO THETA SCと初音ミクがコラボするようになったわけですね。本体デザインはイメージカラーである水色が採用されており、本体には初音ミクのパッケージと同じ公式絵と、10周年を表すマークが印字されています。

さらに化粧箱にはイラストレーターの藤ちょこ氏が手がけた物で、初音ミクがTHETA SCを手に取った絵が施されていますね。

デザイン以外の特典

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

今回のRICHO THETA SC type HATSUNE MIKUですが、特別デザイン以外にも特典が用意されており、シャッター音がクリプトンフューチャーメディアの協力により制作した、スペシャルシャッター音を採用したり、

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

THETAを持ち運ぶときに活躍する、日本の職人が縮絨という特殊な製造方法で作られた、ABITAX製の特別ケースが付属されており、

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

さらに加えて、イラストレーターの藤ちょこ氏が、デザインしたアクリルキーホルダーと、シリアルナンバー(HM39390001~HM39393939の下4桁)が刻印された、ドッグタグ型キーホルダーが付いてくると言う、超豪華仕様。

スポンサーリンク

このモデルのためだけに作られた編集アプリ

初音ミク 生誕10周年を記念して、リコーがTHETA SC type HATSUNE MIKUを発売へ

さらにさらに、この特別モデルのためだけに作られた編集アプリ、「RICHO THETA Type HATSUNE MIKU」が用意されており、RICHO THETA SC type HATSUNE MIKUで撮影した、全天球写真に、3Dモデルである、「ままま式あぴミク」を配置することが出来たり、はちゅねミクスタンプで写真を装飾することが出来ます。

3Dモデルには全24種類のモーションが集録されているため、いろいろな撮影シーンにあったポーズを取らせることができるようです。

3,939台限定モデル

超豪華な特典がついている、RICHO THETA Type HATSUNE MIKUですが、数量限定となっており、その数3,939台と少なめ。

9/1からオーダー受付開始となっていますが、9/1から9/3に開催される、マジカルミライ2017会場にて、毎日限定39台、計117台先行販売するようです。

いち早く手に入れたい方は、マジカルミライ2017会場のRICHOブースへ向かうのが一番良いかも知れませんね。

ちなみに価格は1台税抜きで、33,939円と、通常のTHETA SCよりかは1万円ほど高くなっています。

Source: RICHO

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スマートフォンからIoT、サーバーに至るまで、ありとあらゆるデジタルガジェットを好みます。

ネタに走ることが好きな性格上、日頃からバカみたいな事に全力で取り組んでいます。

例えば、Googleで「ICOCA残高 Twitter」と検索すると、検索結果の一番上にTwitterのアカウントページが表示されたりします。