Ryzen 5 、4月11日の午後10時から発売へ、AMDのミドルレンジCPUはCore i5の脅威たり得るか

Ryzen 5ガジェット
スポンサーリンク


Ryzen 5 、4月11日の午後10時から発売へ、AMDのミドルレンジCPUはCore i5の脅威たり得るか

Ryzen 7が発売されてから、1ヶ月ほどが経ちました。

Core i7の優位性を見事にぶち破ったZENアーキテクチャを搭載した、Ryzen 7の登場により、再び自作界隈が賑わったような気がします。

そんな中、当初より予定されていました、Ryzen 5が4月11日に発売されます。

Core i5の対抗馬

Ryzen 5は、IntelのCore i5の対抗馬として、ぶつけてくるわけですが、Ryzen 7と同じく良い結果を出せそうです。

Ryzen 5の最上位モデルである、1600XはCore i5-7600Kより69%高速だと謳っています。

Ryzen 7が出る前であれば、あまり信用できなかったのですが、Ryzen 7の例もあるので、Ryzen 5も非常に期待できそうです。

Ryzen 5のラインナップ

 Ryzen 5 1600XRyzen 5 1600Ryzen 5 1500XRyzen 5 1400
コア数6コア6コア4コア4コア
スレッド数12スレッド12スレッド8スレッド8スレッド
ベースクロック3.6GHz3.2GHz3.5GHz3.2GHz
ブースト時のクロック
(Precision Boost)
4.0GHz3.6GHz3.7GHz3.4GHz
CPUクーラー無しAMD Wraith Spire CoolerAMD Wraith Spire CoolerAMD Wraith Stealth Cooler
TDP95W65W65W65W
XFR対応
(Extended Frequency Range)
対応非対応対応非対応
価格
(TSUKUMO)
33,264円30,024円25,704円22,680円

XFRとは

XFRとは、Extended Frequency Rangeの略で、CPUクーラーの冷却能力によって、自動的にオーバークロックする機能です。

こちらの機能はRyzen 7 1800X、1700Xにも搭載されている機能で、例えばRyzen 7 1800Xであれば、XFRがオンになれば、Boost時のクロックが4.1GHzとなります。

まとめ

4/3に日本国内での値段も決まったわけですが、スペックの割に非常に安く、Ryzen 7と同じく非常に大きな人気を呼びそうです。

ただ、Ryzen 7が出た当初はSocket AM4対応のマザーボードの品薄や、諸問題などがあったため、スタートダッシュに少し陰りが出ました。

今でもSocket AM4対応マザーボードが手に入りにくい状況が続いているだけに、Ryzen 5が出るタイミングで、どれくらいのマザーボードが出そろうかによって、この先が決まりそうです。

Ryzen 7といい、Naplesといい、Ryzen 5といい、本当にこいつはAMDか、と思うくらいの大復活ぶり。

Athlon X64の頃と同じくらい、持ち上がってくれると元AMD使いとしては非常にうれしくも思います。

発売日が今から楽しみですね。

Source: AMD | CUSTOM PC REVIEW | @Tsukumo_eX

コメント

タイトルとURLをコピーしました