Linux Kernel 4.11 がリリースへ、Intel Gemini Lakeのサポートなど

Linux Kernel 4.11ニュース
スポンサーリンク


Linux Kernel 4.11 がリリースへ、Intel Gemini Lakeのサポートなど

3月の初頭にRCがリリースされてから2ヶ月ほどが経ちましたが、ついにLinux Kernel 4.11の正式版がリリースされました。

アップデート内容

  • SSDに対するスケーラブルなSwappingを実装
  • 新しいperf ftraceツールを実装
  • OPALドライブのサポート
  • SMC-R(Shared Memory Communications-RSMA)プロトコルのサポート
  • MD RAID5のジャーナルサポート
  • statx()システムコールの置き換え
  • Intel Gemini Lakeのサポート

まとめ

Intel Gemini Lakeは14nmプロセスルールで製造されたモバイル向けのCPUで、Atom x7-E3950やPentium J4205などのApollo Lake世代の次期モデルにあたります。

Apollo Lake自体、ひっそりと登場したので「あれ?まだApollo Lake出てないのに、もうApollo Lakeの後継モデルがでるの?」って思う方も居るかも知れませんね。

実はApollo Lakeは2016年の9月にひっそりとリリースされていました。小型ベアボーンを購入検討されたことある方であれば、Apollo Lakeがリリースされていることは知っているかも知れませんね。

Gemini Lakeは2017年の第一四半期にリリース予定とのことでしたが、Linux Kernelでサポートされたということは、市場に出てくるのももうすぐかもしれませんね。

Source: Slashdot

スポンサーリンク


ニュース
スポンサーリンク


YUKITO KATOをフォローする
しょぼんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました