Ryzen 7 1700 とMSI B350 TOMAHAWKの組み合わせで3.8GHzにオーバークロック常用できました

ガジェット
スポンサーリンク

Ryzen 7 1700 とMSI B350 TOMAHAWKの組み合わせで3.8GHzにオーバークロック常用できました

先日、Ryzen 7 1700で3.6GHzにオーバークロックしたとお伝えしましたが、あれから設定を見直して3.8GHzで常用可能になりました。

CPU Core電圧を1.35Vに

前回は、CPU Core電圧を1.30Vにして3.8GHzにオーバークロックしてみたのですが、いざCINEBENCHでベンチマークテストを行うと、PCが落ちてしまったので泣く泣く3.6GHz常用に変更しました。

今回は、CPU Core電圧を1.35Vに上げることで、3.8GHzにオーバークロックしても、CINEBENCHを完走することができました。

CINEBENCH結果

ベンチマーク実行環境は下記の通り。

項目内容
CPURyzen 7 1700
マザーボードMSI B350 TOMAHAWK
メモリCMK32GX4M2Z2400C16
(16GB x 2)
システム用ストレージSamsung MZ-V6P512B/IT
データ用ストレージWD Green 2TB
グラフィックスMSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
電源KRPW-PT600W/92+ REV2.0
ケースDefine R5 FD-CA-DEF-R5

CPUベンチマーク結果

Ryzen 7 1700 3.8GHzベンチマーク結果

OpenGLベンチマーク結果

Ryzen 7 1700 3.8GHzベンチマーク結果

まとめ

3.80GHzまでオーバークロックするとここまで化けるんですね・・・

Ryzen 7はただでさえコストパフォーマンスの高いCPUなのですが、その中でもRyzen 7 1700は飛び抜けたコストパフォーマンスを発揮してくれるようですね。

もちろん、オーバークロックは自己責任なので、リスクを理解して実施してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました