Kensington コンフォートGEL リストレスト で手首の負荷を軽減

Kensington コンフォートGEL リストレストガジェット
スポンサーリンク


Kensington コンフォートGEL リストレスト で手首の負荷を軽減

皆さんはキーボード入力やマウス操作を長時間行っていると、手首がしんどくなる経験されたことはありますでしょうか。

キーボード入力やマウス操作は、何も無い状態だと常に手首が曲がった状態になるため、手首が疲れます。

更にそのまま休憩せずに長時間入力、操作を行うと指が動かなかったり、手が痛くなる腱鞘炎になってしまう可能性があります。

適度に休憩を挟めれば良いのですが、仕事などで長時間パソコン操作をしなければいけないこともあり、休憩が取れないなんてこともあります。

そうであれば、キーボード入力やマウス操作を長時間行っても疲れにくい物があれば便利なのでは無いかと思われる方も居るかと思われます。

リストレストで手首の負荷を軽減

そんな悩みを解決してくれる物がリストレストです。リストレストはキーボードの手前に置く枕のような物で、手首の高さを調整、手首にかかる負荷を軽減してくれます。

リストレストはPCの普及も相まってか、今では家電量販店に行けば必ずあるといっても過言ではない物になりました。

かくいう僕も、昔からリストレストを利用していたのですが、長時間利用していたこともあり、だいぶへたってきていたので、代わりのもを探していたところ、「Kensington コンフォートGEL リストレスト」に出会いました。

コンフォートの名の通り、使い心地の良いリストレスト

Kensington コンフォートGEL リストレスト

製品名にコンフォートを冠するだけあって、手首が当たる部分は低反発のゲルで出来ており、手首を置くと非常に心地よく快適です。

また、このリストレストを使ってHHKBを使って見ましたが、非常に文字が打ちやすく、以前に使っていたエレコムのリストレストより疲労感が少なく思えます。

使い方としては、キーボードとリストレストをきっちりとひっつけるのでは無く、10cmほど隙間を設けて手首を、リストレストのゲル部分に載せるような使い方をするとより快適に利用できます

コンフォートの名の通り、使い心地の良いリストレスト

 
Kensington コンフォートGEL リストレスト
この「Kensington コンフォートGEL リストレスト」ですが、キーボードだけで無く、マウス用のリストレストと一体型となっています。

よくあるリストレストは、キーボード用、マウス用と分かれているのですが、このリストレストは一体型となっています。

一体型となっているため、別々に買う必要はありませんし、お得感もありますね。

ただ、キーボード用とマウス用が別れていないため、微妙な位置調整ができないのが辛いところでしょうか。

僕個人としては、キーボード用とマウス用の位置については、違和感なく使えています。

気のせいかも知れませんが、マウス用のリストレストの方が肉厚で柔らかいような気がします。

まとめ

エレコムのリストレストを2年ほど使っていましたが、さすがは人間工学を熟知したKensingtonといったところでしょうか。

エレコムのリストレストと比べて、使い心地も良いですし、入力疲れもあまり感じない、しかも安い。

何でもっと早くに買わなかったんだろうかと思っているくらいです。もし、キーボード入力やマウス操作の疲れを軽減したいと考えている人は購入してみると良いかも知れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました