Ryzen 7 1700 とMSI B350 TOMAHAWKの組み合わせで楽々3.6GHzにオーバークロックできる

Ryzen 7 1700 3.6GHz オーバークロック ガジェット
スポンサーリンク


Ryzen 7 1700 とMSI B350 TOMAHAWKの組み合わせで楽々3.6GHzにオーバークロックできる

先日、Ryzen 7 1700で自作PCを組んでみたのですが、なかなか快適です。

初期バージョンのBIOSだと、OSを再起動するたびに、USBポートに何も挿していないにもかかわらず、USBポートで電圧以上を感知したため、自動的にシャットダウンしますといったメッセージが表示され、少し困った状態になっていました。

しかし、BIOSを最新の物にアップデートしたおかげで、その問題も改善しました。

最新のファームウェアではRyzen 5に対する最適化も組み込まれていたようですね。

B350でも楽々OC

Ryzenのチップセットには、スモールファクター向けのA300とX300、そしてエントリークラス向けのA320、ミドルクラス向けのB350、ハイエンドクラス向けのX370の計5つのラインナップが存在します。

主に自作市場に流れるチップセットはA320、B350、X370の3種類になります。

この中でオーバークロックに対応しているのが、ミドルクラス向けのB350とハイエンドクラス向けのX370となります。

今回購入したMSI B350 TOMAHAWKは、製品名からも分かるとおり、B350マザーボードです。

コア電圧1.30V固定で、3.6GHzへオーバークロック可能

今回下記の構成で、自作PCを組んでみたのですが、

項目内容
CPURyzen 7 1700
マザーボードMSI B350 TOMAHAWK
メモリCMK32GX4M2Z2400C16
(16GB x 2)
システム用ストレージSamsung MZ-V6P512B/IT
データ用ストレージWD Green 2TB
グラフィックスMSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
電源KRPW-PT600W/92+ REV2.0
ケースDefine R5 FD-CA-DEF-R5

Ryzen 7 1700 3.6GHz オーバークロック

コア電圧を1.30V固定にし、CPU動作周波数を3600(3.6GHz)に指定し、他は全てAutoにしたところ、難なく動作するようになりました。

CPU動作周波数を3800(3.8GHz)に指定しても普通にOSは立ち上がったのですが、負荷試験を行うとどうも動作が不安定になるようです。

3.8GHzで常用するにはもう少しきちんと弄る必要がありそうですね。

まとめ

もともとのベース周波数が3.0GHzのRyzen 7 1700。Ryzen 7シリーズの中では一番下のモデルではあるのですが、オーバークロック耐性もなかなかあるようで、簡単にオーバークロックして常用できちゃいますね。

Ryzen 7 1700XやRyzen 7 1800Xにどうしても目が行きがちですが、実は一番コストパフォーマンスが良いのはRyzen 7 1700なのかもしれません。

しかしこうオーバークロックして常用するってなんだかAthlon X2 5400+ Black Editionを思い出しますね。

Source: AMD

コメント

タイトルとURLをコピーしました