Windows 10 Creator Update 以降の大型アップデートがAtom搭載機に配信されなくなる

Windows 10 Creator Updateニュース
スポンサーリンク

Windows 10 Creator Update 以降の大型アップデートがAtom搭載機に配信されなくなる

MicrosoftがWindows 10 Creator Update以降の大型アップデートについて、Intel Atom Clover Trailを搭載した端末には配信しないようにすると発表しました。

原因は互換ドライバ

Microsoftは過去、Windows 10のシェア拡大キャンペーンとして、Windows 8デバイスからWindows 10へのアップグレードを無償で提供していました。

その時に恩恵を受けた、Windows 8を搭載したAtom Clover Trail端末もWindows 10へアップグレードされたのですが、その際に導入された互換ドライバが原因で、Windows 10 Creator Updateを妨げていることが判明したとのこと。

Microsoftの広報担当曰く、Windows 10 Creator Updateで最高のエクスペリエンスを得るためには、ドライバをアップデートする必要があるのですが、既にAtom Clover TrailはIntelによるサポート期間が終了しているため、最新のドライバが提供されません。

そのため、Windows 10 Creator Updateを適用しても、潜在的なパフォーマンスを発揮できなく恐れがあるとのこと。

上記理由より、Windows 10 Creator Update以降の大型アップデートについては、Atom Clover Trail端末には配信しない決定を行ったようです。

ただしセキュリティアップデートは継続して提供される

機能追加の大型アップデートは配信されなくなりますが、セキュリティアップデートに関しては、引き続きAtom Clover Trail端末にも配信されます。

ただ、Windows 10 Anniversary Updateまでしか適用していない端末へのセキュリティアップデートは、Windows 8.1の延長サポート期限である、2023年の1月で配信がストップするとのこと。

格安タブレットPCを支えたClover Trail

Intel Atom Clover Trailといえば、格安タブレットPC、超小型PCに搭載された、Atom Z2760が当該モデルになります。

当初はバッテリー消費の改善を行い、タブレットPCや小型PCに搭載されていく予定でしたが、スペックが低かったこともあり、あまりユーザーがなびかず、その後にリリースされたCore mプロセッサ搭載端末に流れていき、Atom搭載端末はどんどんと減っていき、ついには2016年にAtomの開発が終了すると行った運びとなりました。

そんなAtomプロセッサでもしばらくはWindows 10で頑張っていたのですが、そろそろサポート期限を迎えるモデルが増えてきたため、本格的に終幕しそうですね・・・

学生時代お世話になったこともあり、なかなか感慨深い物があります・・・

Source: THE VERGE

コメント

タイトルとURLをコピーしました