X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE その他
スポンサーリンク

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

先日Visual Studio Codeの拡張機能である、Remote – SSHのおかげで同人誌執筆環境や、開発環境を丸っとAWS EC2に移行を行いました。

なので、インターネットに繋がるWindowsノートPCがあれば、どこでも同人誌執筆したりコーディングできる環境が整ったのです。

であれば、今モバイル用として使っているThinkPad X280をもっと気軽に持ち歩きたい、という気持ちが爆上げしたのですが・・・

B5ノートPCを持ち運ぶバッグは大きくなりがち

しかし、X280(B5ノートPC)が入るような手持ちのバッグは職場に持って行っている28Lのバックパックか、旅行用のトートバッグしか持っていないんですよね・・・

そうなるとどうしても取り回しが悪く、結果としてX280を気軽に持ち歩く気が無くなってしまう( •᷄ὤ•᷅)

せっかくインターネットにさえ繋がっていれば、超快適な環境が整っているのにこれはもったいない!と思い、新しいバッグを探すことにしてみたのがこの前の土曜日夜。

条件は軽いボディバッグでX280が入ること

今回の改善したいポイントはズバリ、取り回しの悪さを改善して、もっと気軽にX280を外に持ち歩くことです。

であれば、X280が入ってかつ小さく、軽いバッグが最適だということで、ジャンルをボディバッグに絞ることにしてみました。

B5ノートPCが入るボディバッグなんてあるのか・・・?と思っていたのですが、結構あるんですね。 世界は広い。

ボディバッグであればそれでいいのかというとそういう訳でもなく、持ち出すことを億劫に思わない軽さも追究したい。

そうぼやーっと思いながら、移動中にスマホでポチポチ良さげな物が無いか探していたところ、あるバッグにたどり着きました。

ace.GENE HOVERLITE良くない?

長きにわたる検討の結果、ace.GENEのHOVERLITEシリーズが最適では無いか、という答えにたどり着きました。

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

ボディバッグの体を保ちつつ、無駄に大きくないコンパクト。

更に加えて、本体の重量が何と320gと驚きの軽さ。

B5サイズ対応って書いてるけど本当に入るのかな・・・?と若干不安になりつつもひとまず購入してみることに。

想像していた以上に小さい

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

早速購入してみたのですが、開けてみると想像していた以上に小さい。

軽さ、デザインは希望ストライクですし、買って良かったなと感じるもののやはりX280をキチンとしまえるか不安に・・・

はやる気持ちを抑えて、まずはバッグ全体を見ていきます。

タウンユースにバッチリな収納

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

まずは最下部に付いている横向きのポケット。

学生自体に使っていたペンケースのようなサイズ感で、AirPods ProやX280用のAnker PowerPort Atom III、Anker PowerLine、モバイルバッテリー、キーケースを入れてもまだ余裕があります。

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

縦向きのポケットにはGALAXY S10はもちろんのこと、長財布も普通に収まります。

これら2つの縦横ポケットは、肩に掛けた状態でも手提げしながらでも出しやすいので大変に良い。

少し大きなペットボトルも3本くらいは入りそう

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

続いて内装。 このHOVERLITEですが、見た目以上に物がしっかりと入るようで、少し太めのペットボトルを採用している、午後の紅茶ミルクティー 甘くない・微糖もすっぽりと収まります。

見た感じ3本はすんなり入るので、収容性能も全く問題無し。

iPad Pro 11インチが入る内ポケット

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

X280入れば取りあえずそれでいい、としか考えていなかったので、買ってからタブレット用の内ポケットがあることに気が付いたのですが、こちらはケース付きの11インチ iPad Proが入るジャストサイズ。

X280ジャストフィット!!!!

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

ペットボトルが入る時点でX280も入るでしょ、くらいには考えていたのですが、実際に入れてみるとまぁ面白いくらいにジャストフィット。

B5サイズのバッグなんだから当たり前でしょwって突っ込まれそうですが、今回は通販で購入したので最後まで心配していたんですよね・・・

しかもただ入るのではなく、ジャストフィット。

少しでもコンパクトにX280を持ち歩きたい僕の願いを完璧に叶えてくれました。

ペンとか小物が入るポケットもある

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

それ以外にもペンとか小物が入るポケットも付いています。

これタウンユースだけでなく、ビジネスユースにも持ってこいな気がしてきました。

ace.GENE的にはHOVERLITEシリーズはあくまでエントリーモデルとのことですが、安っぽさとか機能性が低いと感じさせない良いモデルだと感じます。

まとめ

一言で表すと「良いじゃんこれ」です。 当初僕がX280用バッグの条件としてあげていた

  • ThinkPad X280が入ること
  • ボディバッグであること
  • 軽いこと

をキチンとクリアできていますし、想像以上に物が入る、デザインがシンプルと大変気に入りました。

価格も8,800円とごくごく一般のボディバッグと同価格帯なので、コストパフォーマンスにも満足できます。

何だかX280をこのバッグに入れて持ち歩くことがとっても楽しみになってきました。

今年買ったバッグの中ではもしかしたら一番満足度が高いかも知れません。

テンションメチャクチャ上がってきたので、このHOVERLITEを使った What’s in My Bag記事書いて見ます。

PayPayモールだともう少しお得に買える

ace.GENE HOVERLITEですが、Amazonでも取り扱っているのですが、ヤフーが運営しているPayPayモールでも取り扱われています。

PayPayモールですと、PayPayボーナスライトとTポイントの二重取りができますし、来年の1月31日まで実施している「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」と国が行っている「キャッシュレス・消費者還元事業」のおかげで14%のPayPayボーナスライト還元を受けることができます。

更にYahoo!プレミアム会員であれば、「Yahoo!プレミアム会員ならいつでも+4%相当戻ってくる!」キャンペーンで更に4%の還元を受けることができます。

今回僕はPayPayモールで購入して、ストアポイントのTポイント10%と、PayPayライト 19%の合計29%、2,552ポイントの還元を受けることができたので、実質6,248円でした。

それぞれのキャンペーン単独で見ると、大した還元にならないしどうでもいいや、って思うんですがこうして複数のキャンペーンが積み重なると結構バカにできない還元率になります。

楽天市場と違ってPayPayモールは購入ページがシンプルで、商品購入するにもページスクロールする必要も無いので、結構ありかもしれないです。今日の新しい気付きでした。


PayPayモールで購入する

おまけ

X280が入る小さなボディバッグ、ace.GENE HOVERLITE

かなりギリギリですが、ThinkPad T470sと同じ位の厚さのA4ノートPCも一応入ります。

本当にギリギリなのであまりオススメはしませんが・・・

Source: ace.GENE

コメント

タイトルとURLをコピーしました