Windows 10 Autopilotのハウツー同人執筆します

スポンサーリンク

Windows 10 Autopilotのハウツー同人執筆します

3月に予定されていた技術書典8が中止(技術書典応援祭としてオンラインで開催)したり、C98が中止になったりといった状況で、次回の技術書典も開催されるか不明な状態が続いています。

が、ありがたいことにPixiv BOOTHを使ったオンライン頒布が可能なので、C98で出そうとしていた新刊の執筆をぼちぼち初めて行こうかなと思います。

Windows 10 Autopilotハウツー本

昨今の感染症拡大の影響で、リモートワークの流れが急速にやってきたわけですが、情シスとして大きな楔となっていたものが1つあります。

それはズバリ、「新入社員のPC配布、既存端末のリプレイス」です。

こちらは感染症拡大の話が出る前にも既にオンラインで完結する方法が準備されていましたが、導入にはまだ至っていない企業が多数を占めていたのではないでしょうか。

WindowsならWindows 10 Autopilot
macOSデバイス、iOSデバイスならJamf Pro
AndroidデバイスならAndroid Enterpriseを利用した自動キッティング

僕自身もそろそろ用意しておかないとな、とは思っていたのですが、日本国内で広く普及するのはもっと先かなぁと楽観的に考えていました。

ですが、この3月頃から急激にリモートワークの波が押し寄せてきており、リモートワーク化の大きな楔「新入社員のPC配布、既存端末のリプレイス」問題が急激に顕在してしまいました。

こちらはキッティングを担当する情シスとしても大きな問題ですが、経営陣から見てもPC配布を行うために従業員へ出社命令する事が大きな経営リスクと感じてきているのではないでしょうか。

そこで何とかPC配布にかかるキッティング作業を全てオンライン化する手法を扱った同人誌を書こう、という思いに行き当たりました。

正直なところ話すと、AzureADやWindows 10マスタイメージ作成同人誌を技術書典や、コミケ、Pixiv BOOTHで頒布しているのですが、ちょくちょく「次はWindows 10 Autopilotですね!」というお声がけを頂いていたので、裏で技術的な検証は進めていました。

この度、最後の課題だった「ローカルADにリーチャビリティが無い状態でもローカルAD参加させる方法」が判明したので執筆しよう、という思いに行き当たった、が正解です。

(Intuneあればできたんですね・・・)

会場やメールなどでお声がけ頂いていた皆さんには遅くなってしまい申し訳ございません。 今からやりますー

Microsoft 365 E3も契約したし準備完了

知識的なバックグラウンドは整ったので、実際に自分のラボでテストするためにMicrosoft 365 E3契約を結んできました。

という話を社内のtimesで呟いたところ、個人でMicrosoft 365契約する人初めて見たって反応をもらったりしました(˘ω˘)

でも実際に自分のラボ環境で試さない限りはスキル習得にも、同人誌執筆にも繋がらないのでやるしかありません。

月額3,480円でO365、Azure AD P1、Exchange Online、OneDrive for Business、Intune、Windows 10 Enterprise E3が付いてくるなら個人的には安いなぁとは思うんですけどね・・・

期限は無いけど急いでやります

今のところリアルイベントの開催予定などが一切見えないので、いつものように締め切りに追われることはないのですが、グダグダとやっていても仕方ないので早めにやります・・・

なお、内容としては既にAzureADによるHybrid AzureAD Join環境が構築されていることを前提として執筆します。

もしHybrid AzureAD Join環境の構築がお済みで無い場合は、弊サークルの既刊、「ゼロからはじめる Azure Active Directory ハイブリッド環境の構築」をお求め頂けるとスムーズかと思います。

Re:ViewとGitHub Actionに感謝しつつ執筆を始めて行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました