技術書典11に出展します

技術書典11に出展します お知らせ

2021/07/10から2021/07/25まで開催される技術書典11に出展しますー

ちょっとバタバタしていたので、危うく新刊を落とすところでしたが何とか形にすることができました・・・!

スポンサーリンク

トライアル会場にも出ます

技術書典11に出展します

今回新たな取り組みとして、技術書典11ではトライアル会場として、7/11(日)に池袋サンシャインシティ 展示ホールDにてオフラインイベントが開催されます。

久方ぶりのオフラインイベントに心が躍ります。しょぼんブログは「う01」に出展です~

しっかりと感染症対策を行っていますので、従来のオフラインイベントと比べ、制約などはあるものの久し振りのオフラインイベントで頒布できるのは嬉しいですね。

しょぼんブログでは頒布物を全て電子版としており、見本誌は定期的な消毒ができるようにファイルに挟んだ状態のものを用意しています。

また見本誌PDFを閲覧できるQRコードを用意させて頂く予定です。

入場についても完全事前チケット購入制を取っていますので、必ず事前に公式サイトを確認してください。

[新刊]How to Active Directory Migration

技術書典11に出展します

今回の新刊はWindows Server 2012/2012R2上に構築されたActive Directory環境を、Windows Server 2019環境にマイグレーションする手順を解説した物です。

SIer時代にActive Directoryの管理や保守を請け負い、現職ではMicrosoft製品群の管理者をしている僕が、個人ラボで実際にマイグレーションを行い、その手順について詳細に解説した本に仕上げてみました。

頒布形態は電子版のみで、1冊1,000円で出品しております。

目次

まえがき
 対象読者
 前提知識
 注意
第1章 せまりくるWindows Server 2012/2012R2の延長サポート終了
第2章 Windows Server 2019のライセンス体系について
 2.1 コアライセンス
 2.2 必要なコアライセンス数の算出
    必須三条件について
    必要コアライセンス数の計算例
    仮想サーバライセンス(OSE)の場合
第3章 Active Directoryマイグレーション
 3.1 FSMOの確認
 3.2 非FSMOドメインコントローラのマイグレーション
    下準備
    ドメインコントローラの降格
    降格後の処理
    新サーバの構築
    FSMOの移行
    フォレスト機能レベルとドメイン機能レベル
    フォレスト/ドメイン機能レベルの昇格
    Windows Server 2008より古い機能レベルの場合
    DFSRへのマイグレーション
 3.3 まとめ
第4章 Active Directoryの混合についての個人的な思い
 4.1 働き方改革、COVID-19によって劇的に変わった環境
 4.2 今後廃止されていくだろうが、直近で廃止はできない
    オンプレミスファイルサーバの取扱
    アカウント作成の運用フロー
    オンプレミスActive Directory参加端末の取扱
 4.3 Active Directory管理者の悩みはまだまだ尽きない
あとがき

既刊もあります

今回は新刊の他にも、既刊である以下の本も出しています。

  • ゼロからはじめるWindows 10マスタイメージ作成 Windows 10 20H2対応版
  • ゼロからはじめる Windows 10 AutoPilot
  • ゼロからはじめる Azure Active Directory ハイブリッド環境の構築

他にも今まで出展したものをマーケットに出品しています。

既刊の中の「ゼロからはじめる Azure Active Directory ハイブリッド環境の構築」と「ゼロからはじめる Windows 10 AutoPilot」は新刊とあわせてお読み頂けると、よりActive Directory環境の活用の幅が広がるかと思います。

しょぼんブログのギャラリーページは下記からアクセスできますので、ぜひアクセスしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました